この記事は、「今日一日、忙しくてエイプリルフールニュースを見逃した」という方に向けてお送りしています。

地図とガイドブックの昭文社は4月1日、「まっぷる東京 ウルトラスーパーmini版」を発売したと、公式Twitterで発表した。指でつまめる、ウルトラスーパーにminiなサイズが特徴。

昭文社が「まっぷる東京 ウルトラスーパーmini版」を発売
昭文社が「まっぷる東京 ウルトラスーパーmini版」を発売

「まっぷる東京 ウルトラスーパーmini版」は、提案型のガイドブック「まっぷる」のサイズを思いきって縮小したもの。サイズは未公開だが、画像からは縦3センチ、横2センチと普通切手よりも少し大きい程度と推測される。

小さくても中身はそのまま。東京のトレンド情報が、ギュッと凝縮されている。

小さなサイズに、情報てんこもり!
小さなサイズに、情報てんこもり!

春休みで地方から東京に遊びに来ている人も多いはず。だが、一般的なまっぷるはサイズが大きめで街歩きにはちょっとだけ不便なときがある。また、街中でまっぷるを開いていると、気恥ずかしさを感じることもあるだろう。そんなとき、「まっぷる東京 ウルトラスーパーmini版」は便利だ。手軽に持ち運べるだけでなく、誰にもばれずにこっそりと情報をチェックできる。


(この記事は、エイプリルフールのウソニュースです。ですが、「まっぷる東京 ウルトラスーパーmini版」は魅力的。本当に出版されたら、ジーンズの小さなポケットに入れて持ち歩きたいと思います)