阪急うめだ本店(大阪府大阪市)で、日本屈指のアニメーター・近藤喜文氏のアートワークを集めた作品展「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」が4月27日~5月9日の期間開催される。

貴重な作品を間近で見るチャンス!  (c)1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH
貴重な作品を間近で見るチャンス!
(c)1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

スタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられた近藤氏は、1998年に47歳の若さで逝去するまで数多くのテレビアニメや映画に関わってきた。同展では「火垂るの墓」「魔女の宅急便」「紅の豚」「もののけ姫」などの原画をはじめ、唯一の長編監督作品である「耳をすませば」の絵コンテやアニメーション原画、イメージボード、スケッチなど約500点が展示される。

近藤喜文氏
近藤喜文氏

また、9階アートステージには、ポストカードやクリアファイルをはじめとするグッズが多数登場。会場限定商品のほか「三鷹の森 ジブリ美術館」限定グッズも販売されるそうだ。

クリアファイル 各324円(税込)  全部ほしい…!
クリアファイル 各324円(税込)
全部ほしい…!

【「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」開催概要】
開催期間:4月27日~5月9日
開催時間:日~木曜10時~20時、金・土曜10時~21時(最終日は18時閉場)
会場:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
入場料:一般900円、大学生・高校・中学生700円、小学生以下無料