「PlayDate」は、遠隔地から操作可能なペット用のおもちゃ。会社にいても、自宅のワンコ・ニャンコと遊ぶことができる。

会社にいても、自宅のワンコ・ニャンコと遊べる「PlayDate」
会社にいても、自宅のワンコ・ニャンコと遊べる「PlayDate」

ペットカメラ/ペットモニターと呼ばれる商品はすでにいくつか販売されている。だがそれらの多くは位置固定タイプ。ペットが死角に移動すれば、撮影はできなくなってしまう。

撮影できた場合でも、例えばペットが退屈していたり、寂しそうなそぶりをしたりしているときに、何もしてあげられない。商品によっては話しかけられるタイプのものもあるが、ペットはそれではすぐに飽きてしまう。

ひとりの暮らしに飽きて、元気をなくしたワンコ
ひとりの暮らしに飽きて、元気をなくしたワンコ

「PlayDate」は、これらの欠点を解消したデバイス。スマートフォンなどからコントロールし、床の上をころころ転がって、ペットの居場所に移動できる。

ペットのいる場所に、リモコンで移動可能
ペットのいる場所に、リモコンで移動可能

スイッチを入れると、「PlayDate」のカメラが起動。家の中の様子をリアルタイムで観察し、ペットを見つけることが可能だ。

スイッチを入れると「PlayDate」が起動
スイッチを入れると「PlayDate」が起動

ペットの居場所を見つけ、その場所に移動できる
ペットの居場所を見つけ、その場所に移動できる

ペットも「PlayDate」を発見!
ペットも「PlayDate」を発見!

ペットを見つけたら、ペットの前で「PlayDate」を動かして一緒に遊べる。犬を飼っている人なら、公園で一緒にボール遊びをした経験があるだろう。「PlayDate」はこのボール遊びを、インターネットを介して、飼い主とペットが楽しめるおもちゃだ。

公園などでのボール遊びは
公園などでのボール遊びは

ワンコにとって、とても楽しい!
ワンコにとって、とても楽しい!

それをインターネットを介して再現!
それをインターネットを介して再現!

もちろん、ネコと遊ぶこともできる。

ネコだって、動くボールは気になる!
ネコだって、動くボールは気になる!

おっ!!
おっ!!

これなら、飼い主が実際に家にいない間でも、ペットはそれなりに楽しく過ごせるだろう。

「PlayDate」のおかげで、すっかり元気を取り戻したワンコの例  (注:効能には個人差があります)
「PlayDate」のおかげで、すっかり元気を取り戻したワンコの例
(注:効能には個人差があります)

カメラは、リモコン操作時の“目”として機能する他、愛犬、愛猫の表情を“おもちゃ目線”で見ることが可能だ。お気に入りの表情を見つけたら写真に撮ることも、動画で保存することもできる。

おもちゃ目線での撮影
おもちゃ目線での撮影

「PlayDate」のコントロールは、スマートフォンの画面左下のパッドで行う。開発元によれば、スマートフォンゲームをした経験があれば、「PlayDate」の操作にもすぐに慣れるそうだ。画面右にはマイクやカメラボタンが配置されており、マイクボタンをタッチすると、ペットに話しかけることも可能だ。

ネコさんがタッチしている場所が、コントロールパッドです
ネコさんがタッチしている場所が、コントロールパッドです

開発チームは「PlayDate」を使えば、退屈な通勤電車の中や会社の昼休み、そして移動中の空き時間などを、ペットと一緒により有意義に過ごせるようになる述べている。

通勤電車での使用例:これはなごむな~
通勤電車での使用例:これはなごむな~

会社での使用例:1日、遊んじゃいそう?
会社での使用例:1日、遊んじゃいそう?

乗り換え時間の利用例:「もし明日になっても私が戻ってこなかったら、  例のファイルをピートに渡してくれ」
乗り換え時間の利用例:「もし明日になっても私が戻ってこなかったら、
例のファイルをピートに渡してくれ」

PlayDate開発チームは現在、「PlayDate」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、149ドルの出資で「PlayDate」を1台入手可能だ。キャンペーン終了後の市販価格は249ドルとなる。出荷は2016年12月に予定されている。

クリスマスに間に合うのかな?
クリスマスに間に合うのかな?