東京国立博物館、新春企画「博物館に初もうで」
国宝と伝統芸能に触れるお正月

東京・上野の東京国立博物館で、新春企画「博物館に初もうで」が1月2日~1月29日の期間開催される。2003年から毎年恒例となっている人気イベント。

今年は同館所蔵の国宝「松林図屏風」(長谷川等伯筆)をはじめ選りすぐりの作品を期間限定で特別公開するほか、2017年の干支・「酉(とり)」を題材にした作品、松竹梅や鶴、富士山といった“吉祥”をテーマにしたおめでたい作品の数々が展示されるそう。

東京国立博物館、新春企画「博物館に初もうで」
国宝「松林図屏風(左隻)」長谷川等伯筆
1月2日~1月15日

東京国立博物館、新春企画「博物館に初もうで」
国宝「扇面法華経冊子」
1月2日~1月15日

東京国立博物館、新春企画「博物館に初もうで」
「芭蕉孤鶴図」黒川亀玉筆
1月2日~2月5日

東京国立博物館、新春企画「博物館に初もうで」
「名所江戸百景・日本橋雪晴」歌川広重筆
1月2日~1月29日

また1月2・3日は、和太鼓、獅子舞、落語など伝統芸能のイベントも開催。そのほかいけばなの展示(1月2日~1月15日)やミュージアムショップでのキャンペーンも予定されている。

東京国立博物館、新春企画「博物館に初もうで」
迫力のパフォーマンス!(※画像は過去のもの)

施設所在地は東京都台東区上野公園13-9。営業時間は9時30分~17時(金・土曜は20時まで)。1月10日は休館日。観覧料は一般620円、大学生410円。