風呂場のスポンジやタオル
Are you ready for お風呂の大掃除?

年末の大掃除で手ごわい場所の1つ、お風呂場。水アカやカビ取りをスムーズに進められるよう、掃除しやすい環境を予め整えておきたいものです。本稿では筆者の実体験をもとに、“今からやっておくとちょっと楽になる”ポイント3つをご紹介します。

1. 不要なものを片付けておく

お風呂場にありませんか?いつ開封したかわからない試供品のシャンプーや洗顔料など。古くなった液剤は肌にも良くないですから、思い切って捨ててしまいましょう。必要なものしかお風呂場になければ、大掃除当日に「これどうしようかな、捨てようかな」と迷う時間をなくせます。

シャンプーのミニボトル
水アカもついてしまったミニボトル
もったいなくても捨てる時は思い切り!

2. 掃除用具の保管方法を見直す

ブラシやスポンジが汚れていると、掃除のモチベーションも下がってしまうもの。カビが生えたりしないよう、保管方法を見直しておきましょう。床や台の上に直置きするのはNG。代わりにバーやフックなどにぶら下げるようにすれば、乾きやすく清潔な状態を保てます。ちなみに筆者宅では「創和 アヒルの便利キャッチフック」というアイテムを使用。スポンジを保管したり、掃除中に雑巾を一時的にかけたりできるので便利です。

浴室のスポンジやタオル
掃除用具の置き場所が決まっていれば掃除もスムーズ

3. 天井をキレイにしておく

実はカビが生えていることが多い浴室の天井。壁や床を掃除してほっと一息つき、見上げた視線の先にカビが...なんてときのガックリ感は相当です(経験者)。掃除用のシートやワイパーを使って、時間がある時にサッと拭いておきましょう。一箇所でもきれいになっている場所があれば、大掃除を始める前のプレッシャーも軽減されます。

新年に持ち越したくないお風呂場の水アカやカビ。時間がかからない作業は今から手をつけて、大掃除本番での一掃を目指しましょう!