遺伝子情報をもとに作る「Suntory DNA GLASS Project」
世界で一つ、自分だけのビールグラスを

個々の遺伝子情報からビールに対する嗜好や性格を読み取り、ビールグラスをデザインするプロジェクトをサントリーが始動。「Suntory DNA GLASS Project」と銘打ち、公式サイトで様々な人のグラスを公開しています。

遺伝子情報をもとに作る「Suntory DNA GLASS Project」
彼には彼のビールグラス

DNA GLASSは、だ液から採取したDNAを解析してグラスのデザインを設計し、3Dプリンティング技術を用いて作られます。例えば「アルコール分解力」は全体の容量、「麦芽の香りへの感度」は口径の大きさ、「ホップの苦味への感度」は飲み口の厚み、といった具合に独自のアルゴリズムが設定されており、全体のデザインは性格や嗜好性などの遺伝子情報から構築されるそう。

遺伝子情報をもとに作る「Suntory DNA GLASS Project」
アルコール分解力や香り、苦味の感度などを解析

遺伝子情報をもとに作る「Suntory DNA GLASS Project」
様々なアルゴリズムに基づいて作成すると…

遺伝子情報をもとに作る「Suntory DNA GLASS Project」
その人にとって“ビールの味わいが最大限引き出される”グラスが作られる

作る人の数だけビールグラスが存在するDNA GLASS。残念ながら現時点で製品化の予定は未定とのことですが、ビールが大好きな筆者としてはぜひ作ってみたい!

遺伝子情報をもとに作る「Suntory DNA GLASS Project」
彼はお酒がちょっぴり苦手なもよう

遺伝子情報をもとに作る「Suntory DNA GLASS Project」
彼のグラスはボコボコと楽しげ
…顔の雰囲気にも似てくるのでしょうか?