サーモス フレッシュランチボックス(DJM-570)

弁当箱の新製品「サーモス フレッシュランチボックス(DJM-570)」が、1月10日にサーモスから発売。温めたくないサラダやフルーツを入れるのに便利な内容器「中子(なかご)」がついている。価格はオープン。

おかずがつぶれにくい

温めたいおかずと温めたくないおかずがある時に便利なお弁当箱。サラダやフルーツは中子に入れ、電子レンジで温める前に取り出すことで、本体のご飯やおかずだけ温めることができる。中子にはフタがついているため、汁気の多いおかずも味移りしにくいそうだ。

サーモス フレッシュランチボックス(DJM-570)
ツマミがついていて取り出しやすい

サーモス フレッシュランチボックス(DJM-570)
本体のフタはおかずがつぶれにくいドーム型を採用

本体のサイズは、約16.5×9.5×6.5cm。容量は本体が570ml、中子が60ml。カラーはピンクとグリーンの2種類でベルトもついている。

サーモス フレッシュランチボックス(DJM-570)
「グリーン」のモデルも