情熱価格+PLUS「ランニングライブカメラ」
“走る”ライブカメラ

ドン・キホーテのプライベートブランド『情熱価格+PLUS』から、スマートフォンで遠隔操作できるカメラ「ランニングライブカメラ」が12月22日に発売される。価格は1万9,800円(税別)。

この商品は、専用アプリ(iOS/Android)を利用してスマートフォンやタブレットから遠隔操作ができるライブカメラ。室内や屋外をいつもと違う視点で撮影したり、留守中のペットを見守ったり、防犯カメラにしたりと様々な用途に使用できるそう。

情熱価格+PLUS「ランニングライブカメラ」
専用アプリでの静止画/動画撮影も可能

内蔵カメラは200万画素CMOSイメージセンサー。近距離から遠距離までくっきり撮影する広角レンズを採用し、アングルを上下40度の範囲で調整できる。暗視用LED搭載で夜間の撮影にも対応。

おおよそのサイズは18×19×11cm、重さ0.73kg。ライブビュー可能時間は最大8時間。ワイヤレス充電パッド(非接触充電)とAC電源アダプターが付属する。

情熱価格+PLUS「ランニングライブカメラ」
ワイヤレス充電パッド