バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
“バルミューダらしい”炊飯器が誕生しました

2015年からトースター電気ケトルとキッチン家電を積極的に展開しているバルミューダ。その第3弾として、炊飯器「BALMUDA The Gohan」が発売されます。

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
今度はごはん!

どんな仕組み?

同商品は、こだわりの内釜や圧力ではなく、“蒸気のちから”だけで炊く新しい炊飯方式が採用されているそう。

内部は2種類の内釜による2重構造になっており、重ねると空間ができます。炊飯時にはここに水を入れることで、米の入った釜を蒸気で包みこんで炊き上げるのだとか。

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
片方の釜に水を入れて重ねることで

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
“蒸気の釜”で包み込んで炊く

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
炊きあがり。水がだいぶ減っています

炊飯容量は0.5~3合。蒸気炊飯でおいしく炊ける適量とのことですが、その分コンパクトなサイズ感も実現しました。

また、機能は5種類の炊飯モードと予約モードというシンプルな内容。保温機能はありませんが、魔法びんのような構造のため炊き上がり後も1時間程温かさを保てるそうです。

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
操作もシンプル

お味は?

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
食べてみましょう!

さて、何と言っても気になるのはごはんの味。発表会では炊きたての「きぬむすめ」を試食させて頂きました。

目で見ても米1粒1粒がしゃきっと立っていることが分かる炊き上がり。表面に“ハリ”があるため一瞬「硬めかな?」と感じますが、芯まで柔らかく、噛みしめるほど甘みがじゅわっとあふれ出してきます。

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
粒立ちがお見事!

粒がほぐれやすいのでたまごかけごはんやカレーなど汁気が多いものともよく絡み、米が負けずにしっかりと存在感を主張してきます。ごはん単体で食べるよりも、おかずと食べた時のほうがおいしさが分かりやすいかも。

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
たまごかけごはんって、ご飯が水っぽいといまいちなんですよね

また、粒立ちが良いため冷めてもおいしく、握ってから数時間経ったおにぎりもべちゃっとしたり硬くなったりせず絶妙な食感でした。

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
おにぎりの食感もすばらしい

ステンレス製の釜はお皿よりも軽いくらいで非常に扱いやすく、筆者はいつも分厚い釜を割らないようビクビクしながら洗っているのでこれは嬉しいポイント。一方で保温機能がないため、家族の食事時間がバラバラだったり、予約機能を使ったりする際は上手くやりくりする必要がありそう。

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
炊飯器の常識を覆す軽さ

「BALMUDA The Gohan」の価格は4万1,500円(税別)。1月12日よりバルミューダオンラインストアで予約を受け付けており、出荷開始は2月下旬の予定です。寺尾社長の食へのこだわりが反映された調理家電を着々と投入する同社。キッチンがバルミューダで揃う日も近い?

バルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」
炊飯器らしくないデザインもステキ