スライス生チョコレートで作ったトリュフ
今年のバレンタインは手作りトリュフ♪

2016年に発売され、スライスチーズのような形と幅広い使い道が話題となったブルボン「スライス生チョコレート」。皆さんはもう食べたことはありますか?筆者は先日初めて購入。バレンタインデーに向け、公式サイトのレシピの1つ「簡単トリュフ」を試してみました。

ブルボン「スライス生チョコレート」
スライスチーズのような見た目のチョコ「スライス生チョコレート」

手作りトリュフといえば、チョコレートを刻んで溶かしたり、生クリームを混ぜたり、冷蔵庫で固めたりといった手順がいろいろあるもの。しかし「スライス生チョコレート」を使ったレシピは、以下の写真のように「ラップに包んで丸めたら」「ココアパウダーをまぶす」の2ステップだけ。1個あたり5分程度でできてしまいます。

スライス生チョコレートで作るトリュフ
ラップにのせたら折りたたむようにして丸めます

スライス生チョコレートで作るトリュフ
コロンとした球形になりました

スライス生チョコレートで作るトリュフ
ココアパウダーをまぶせば完成

きれいに丸めるのには苦戦しましたが、ココアパウダーをまぶすとそれなりの見た目になりました。そして気になるお味はというと...。スライス生チョコレートに含まれる洋酒のおかげで、大人向けの上品な味わい。甘みはそれほど強くないながら、少しモチモチした食感のため食べ応えがあります。これなら本命の彼にも、自信をもってプレゼントできるかと!

スライス生チョコレートで作ったトリュフ
100円ショップで購入した菓子箱に入れてみました

素手で材料を触る必要もほとんどなく、衛生面でも安心できそうな「スライス生チョコレート」製トリュフ。手作りチョコを気軽に楽しみたい人は、試してみてはいかがでしょうか?