桜の花が咲く「スイートサクラティー」
春はすぐそこ

寒い日が続きますが、花屋の店先では真冬に咲く「啓翁桜」を見かけるようになってきました。部屋に飾ったら益々春が恋しくなってしまったので、今回はひと足早く春気分が楽しめる「スイートサクラティー」シリーズをご紹介します。

桜の花が咲く「スイートサクラティー」
「スイートサクラティー」

日本緑茶センターから販売されている「スイートサクラティー 桜花」は、今咲かんとする一番香りの良い桜花を摘み、独自の製法により湯の中で咲くよう加工された花茶。同社によると“桜の花が咲くのは夜、香りが一番強いのも夜”のため、採取が非常に難しいのだとか。

原材料は塩漬桜花加工品と桜葉エキスなど。はじめはしば漬けのような物体が、お湯を注ぐとふわっと開き、みるみるうちに桜の花に変化します。味わいはお茶菓子などにも合うほのかな塩味。茶葉は入っていないのでワインや日本酒、お吸い物、お菓子作りなどに入れても楽しめるそう。

桜の花が咲く「スイートサクラティー」
袋の中にはしば漬けのような桜

桜の花が咲く「スイートサクラティー」
お湯を注ぐと花開きます

なお同シリーズには紅茶に桜葉エキスなどを加えたティーバッグタイプも。ふんわり漂う桜もちのような香りの紅茶にほっと癒されます。

桜の花が咲く「スイートサクラティー」
こっちも春らしい香り

桜花は6袋入りで500円、ティーバッグは10袋入りで400円(ともに税別)。お祝いの席のおもてなしや、新しい門出を迎える方への贈りものにいかがでしょうか?

桜の花が咲く「スイートサクラティー」