パナソニック、プレミアムリビング扇風機「RINTO(リント)」
部屋の空気まで変わりそう

パナソニックから、デザインにこだわりぬいたプレミアムリビング扇風機「RINTO(リント)」(F-CWP3000)が5月20日に発売される。

支柱部分には“世界三大銘木”の高級木材「ウォールナット」を採用。猟銃作り100年の歴史を持つ老舗「ミロク」グループの匠が、材料調達から独自の「深孔加工技術」による削り出し、生地研磨、塗装まですべてを手掛けたそう。

パナソニック、プレミアムリビング扇風機「RINTO(リント)」
匠の技が宿るポール

印象深いべっ甲色の羽根は、全体を流線型デザインにすることにより回転時の空気抵抗を削減。同社独自の風技術「1/fゆらぎ」とかけ合わせることでより心地よい風を送り出す。

パナソニック、プレミアムリビング扇風機「RINTO(リント)」
気品漂うべっ甲色の羽根

美しいのは正面だけではない。モーター部をコンパクト化し、表面からネジ・ビスが見えないよう設計することで、360度どこから見ても美しいフォルムを実現したとか。

パナソニック、プレミアムリビング扇風機「RINTO(リント)」
首を振っても美しい

このほか、室温を検知する「温度センサー」により室温に応じて自動で運転ON/OFFや風量を調整、睡眠時も賢く運転制御を行う。

パナソニック、プレミアムリビング扇風機「RINTO(リント)」
付属のリモコン
ここまでくるとロゴがちょっと惜しい…

サイズは380×380×1,136mm、重さ5.6kg。DCモーター搭載、8段階の風量と60度/75度/90度の首振り角度に調整可能。気になる想定価格は12~13万円とのこと。こんな扇風機が似合う部屋に住んでみたい…!