「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」のシュークリーナー
買った時の白さに…!

白い靴が好きでつい素材違いで買ってしまう筆者。使用時の汚れは避けられないとはいえ、スウェードやレザー素材の靴はその後のお手入れをどうすべきか悩んでいました。キャンバス素材ならウタマロ石けんあたりで白くなるのですが、スウェード用の消しゴムっていまいちじゃないですか…?

ニューバランスのスニーカー
でもスウェードのスニーカーって多いですよね

そこで今回試してみたのが、スニーカー好きの間で評判の「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」のシュークリーナー。98.3%が天然素材でできていながら、レザー、スウェード、ヌバック、キャンバスなどほぼすべての靴の素材に使用できるという万能クリーナーです。

「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」のシュークリーナー
ボトルデザインもオシャレ

購入したのはプレミアムシュークリーナーと、スタンダードシュークリーニングブラシが入ったセット。価格は2,000円(税別)、ブラシ付きでお得!

「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」のシュークリーナー
スタンダードセット

…と思ったら、スウェードやヌバックを洗浄する際はこちらのセットブラシでなく別売りの「プレミアムシュークリーニングブラシ」が推奨とのこと。うっかり買い忘れた筆者は自己責任で使っていますが、高級品や自分以外の靴を洗う場合は極力専用のブラシが良いかと。

洗い方は、「ブラシを水で濡らす→クリーナーを適量付ける→もう一度水に浸し、泡立てながら汚れている箇所をブラッシングする」の3ステップ。泡は流さずに布やタオルできれいにふき取り、汚れ具合に応じて同じ工程を1~5回繰り返します。

「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」のシュークリーナー
ブラシを濡らして

「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」のシュークリーナー
泡立てながらゴシゴシ

「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」のシュークリーナー
浮き出た汚れを上から押しつけるように吸い取ります
日頃から使い古しのタオルをストックしておくと便利

キレイになったら自然乾燥させて完了。こちらのスニーカーでは3回ほど繰り返したでしょうか…スウェード部分が見違えるほど白くなりました。そういえば買った時こんな色だった!

「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」のシュークリーナー
フロント
(左が洗浄後、右が洗浄前)

「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」のシュークリーナー
サイド。ソール部分も真っ白に
(左が洗浄後、右が洗浄前)

ポイントは1回で落とそうと思わずに、繰り返し丁寧に洗うこと。洗剤は化粧品のような良い香りなので、お気に入りのスニーカーであれば苦にならないはず。逆に子どもの上履きやガンガン履き倒すキャンバススニーカーなどは前述したような石けんや酸素系漂白剤がラクで良いと思います。

ケアはマメにやろう

なお今回かなり汚れと色移りがひどいものも試してみたのですが、多少は白くなったものの途中で根負けしました…。お気に入りのスニーカーほど普段からマメにお手入れするのが大事ですね。

汚れが目立ちやすい靴や、長く履きたい靴にオススメのクリーナー。天気の良い日にぜひお試しを!

「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」のシュークリーナー
新しく買った気分♪