エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
すやぁ…

トップアスリートも多く愛用していることで知られるマットレスパッド「エアウィーヴ」。腰痛持ちの筆者もずっと気になってはいましたが、マットレスだとなかなか気軽に試せないんですよね。

そのエアウィーヴが新たに開発したのが、机で効率的に仮眠がとれるお昼寝用デスクピロー「ナピロー」。製品化に向けクラウドファンディングサイト「Makuake」で支援を募ったところ、早々に目標金額の540万円を達成した注目のアイテムなのだとか。これは気になる!ということで特別に商品を使わせて頂きました。

エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
ひと足先に使ってみました

本体サイズは幅約24×長さ約47×厚さ約3cm、重さ約300g。カバーの中には同社の独自技術で作られた「エアファイバー」が詰められています。エアファイバーの見た目は春雨のようですがしっかり弾力があり、通気性も良さそう。

エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
軽くて収納しやすいデザイン

エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
中の素材はエアウィーヴのマットレスと同じ!

デスクピローとして使用する際は腕に巻きつけます。頭をのせてみると全体的に支えられる感じで、腕や首にも負担が少なそう。

エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
使用時は巻きつける

実際の昼寝に使ってもらった

作業効率や集中力アップには20分程度の昼寝が良いと言われていますが、それを実践しているのが同僚のSさん。1週間ナピローを使ってもらいました。

エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
「ありがとうございます…むにゃ」

感想を聞くと、「いつもは無理やり腕枕で寝るから無理な体勢になって腕や首が痛くなるのですが、ナピローを使うとちょうどいい位置で頭が支えられて痛くなりません。顔に寝跡がつかないのも嬉しい!」とのこと。なお腕に巻かずに敷くだけでも快適のようです。

エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
普段の昼寝スタイル。首が下がって辛そう…

エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
気に入ってその後もずっと使っていました

枕以外の使い道も

ナピローは昼寝以外にも、背中のサポートクッションやキーボードを打つ時のハンドレストとしても使用できます。

エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
イスに置いてサポートクッションに

エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
パソコン作業時のハンドレストに
普段どれだけ負担がかかっているか分かる

ちなみに中の素材であるエアファイバーとカバーは洗濯可能。女性の場合メイク汚れも気になりますが、清潔に保てそうですね。

5月末まで先行販売中

ナピローは5月30日18時までMakuakeで支援を受け付け中。特別価格の1個5,400円(税込)で入手できるプランやお得なまとめ買いプランも用意されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください(発送は7月予定)。

なおこの商品には単に“会社で昼寝をしよう”というだけでなく「短時間の昼寝をとる時、周囲が放っておいてくれる会社を増やしたい」という思いも込められているそう。個人で買うのもアリですが、経営者の皆さん、社員に支給すると喜ばれるかもしれませんよ!?

エアウィーヴ昼寝用枕「ナピロー」
皆さんでどうですか?