薬用スカルプケアシャンプー「リガオス ロー」
女性もうらやましくなるスカルプシャンプー

独身・既婚に関係なくシャンプーは特にこだわらないという男性は多いもの。一方で、30~40代の男性の6割が「若い頃に比べて髪や頭皮に変化がある」と感じているといいます(ネオマーケティング調べ)。

髪の毛を気にする外国人男性
「昔となんか違う…?」
※画像はイメージです

筆者宅でも女性用シャンプーを共用していましたが、家族(30代男性)の頭から校庭の隅に転がっているテニスボールみたいな匂いがし始めたので“薬用スカルプケアシャンプー”なるものを導入してみました。

薬用スカルプケアシャンプー「リガオス ロー」
薬用スカルプケアシャンプー「リガオス ロー」シリーズ

今回試してみたのは今年4月にリニューアル発売された「リガオス ロー」シリーズ。独自の真空容器により、植物ポリフェノールやアミノ酸などの有効成分を酸化させることなく最後まで使いきれるのが最大の特徴です。

薬用スカルプケアシャンプー「リガオス ロー」
アルミパウチを専用のフレームに装着して使います

薬用スカルプケアシャンプー「リガオス ロー」
酸素を一層通さないそう

シンプルなデザインは女性の筆者もちょっとうらやましくなるほどスタイリッシュ。インテリアにこだわって別のボトルに詰め替えているという家庭でも、これならそのまま使えそう?

薬用スカルプケアシャンプー「リガオス ロー」
掃除や交換もしやすそう

同社によると、爽快感のある「ICEシャンプー」と頭皮をじんわり温めて刺激する「HOTチャージャー」の2種類を併用するのがオススメとのこと。さらに自分で頭皮マッサージも行うことで血行が促され、スカルプケアの効果が高まるのだとか。

使用した本人は直後に「冷たいと温かいで頭皮が大騒ぎ」と興奮していましたが、洗い上がりの髪がいつもよりしっとりするだけでなく、頭皮には確かに“スッキリさっぱり感”が得られたそうです。

薬用スカルプケアシャンプー「リガオス ロー」
メントールやティーツリーを配合したICEシャンプー
手のひらに出すとひんやりしてきます

同シリーズはこのほかHOTシャンプーや育毛剤も展開されており、季節や好みに合わせて選べます。ディスペンサーセットの価格は各2,800円(税別)。いつも適当に買っているという男性も、“自分のために”検討してみてはいかがでしょうか?