実験器具みたいなiwakiの「sciki(サイキ)」シリーズ
実験室みたい?

学校の授業で使ったフラスコやビーカーなどの実験器具。実用性と専門的な雰囲気に惹かれ、普段の生活に取り入れる人も多いとか(筆者の母はフラスコを花瓶にしていました…)。

そんな実験器具を、より日常使いしやすいデザインに落としこんだ素敵な雑貨を発見。今回は耐熱ガラス食器ブランド『iwaki(イワキ)』から販売されている「sciki(サイキ)」シリーズをご紹介します。

実験器具みたいなiwakiの「sciki(サイキ)」シリーズ
ビーカーを食卓に

同シリーズは、三角フラスコやコニカルビーカーをモチーフにした調味料入れ。長年同社が製造してきた理化ガラスがベースになっており、熱湯消毒も可能です。

実験器具みたいなiwakiの「sciki(サイキ)」シリーズ
すべて耐熱ガラス

三角フラスコ風のスパイスボトルは100ml、200ml、300mlの3サイズ展開。理化ガラスならではの透明度の高さで、中身をはっきりと美しく見せてくれます。画鋲やビーズを入れたり花をいけたりしても楽しめそう。価格は1,100円から(税別、以下同じ)。

実験器具みたいなiwakiの「sciki(サイキ)」シリーズ
コルク栓付き

実験器具みたいなiwakiの「sciki(サイキ)」シリーズ
何を入れても映えます

コニカルビーカーをモチーフにした醤油さし(容量100ml)とオイルさし(容量200ml)はノズル部分の“キレ”が抜群。液がピタッと止まり、液だれのイライラもありません。価格は醤油さしが1,800円、オイルさしは2,100円。フタはブラックとホワイトの2色から選べます。

実験器具みたいなiwakiの「sciki(サイキ)」シリーズ
シリコン製のフタとノズルも耐熱素材

実験器具みたいなiwakiの「sciki(サイキ)」シリーズ
液がピタッと止まる!

実験器具みたいなiwakiの「sciki(サイキ)」シリーズ
オイルさしにはノズルとフタの間にすき間があり、液だれしても戻る構造

最後は小ぶりなサイズ感がかわいいドレッシングボトル。容量100mlの使いきりサイズで手作りドレッシングにもピッタリです。こちらは密栓できるのでスパイス入れにも◎。価格は1,000円、醤油さしと同じカラー展開です。

実験器具みたいなiwakiの「sciki(サイキ)」シリーズ
目盛りが見やすくニオイ移りしにくいドレッシングボトル

実験器具みたいなiwakiの「sciki(サイキ)」シリーズ
スパイスを入れても

入れるモノや置く場所によって表情が変わる大人のためのインテリアアイテム。シリーズで揃えて“理科室インテリア”を目指してみてはいかがでしょうか?