ブックカフェ「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」
運命の一冊と出会えるかも?

ドトールコーヒーが運営する新業態カフェ「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」が6月30日、東京・池袋にオープン。人気書店「かもめブックス」代表の柳下恭平氏が選んだ本と、こだわりのコーヒーが提供される。

ブックカフェ「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」
「本と珈琲 梟書茶房」

コンセプトは“Coffee Meets Books”。店内に並ぶ約3,000冊の書籍のうち、販売する2,000冊はオリジナルブックカバーで袋とじされており、表紙に書かれた紹介文とインスピレーションを頼りに本との出会いが楽しめるとか。

提供メニューは同店のコンセプトに合わせて開発したコーヒー「梟ブレンド」のほか、スイーツや軽食も用意。コーヒーはオーダーを受けてからサイフォンで丁寧に抽出してくれる。

ブックカフェ「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」
サイフォン抽出のコーヒー

ブックカフェ「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」
「BOOKシフォン(プレーン)」 500円(税別)

ブックカフェ「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」
「ホットドッグ(プレーン)」 480円(税別)

店舗所在地は東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola(エソラ)池袋4階。営業時間は10時30分~22時(ラストオーダー21時30分)。

ブックカフェ「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」
100席以上の広々とした店内