100均「ポーチドエッグカップ」
失敗しない?タマゴグッズの実力は

真っ白いタマゴを割ると、黄身がとろ~り。お料理をグッとオシャレにしてくれるポーチドエッグですが、上手く作るには火加減や湯量を調整したり、お酢を入れたりとなかなか手間がかかります。

そこで今回試してみたのは100均の「ポーチドエッグカップ」。シリコン製のポケット状になっており、“簡単に半熟卵ができる”のだとか。

100均「ポーチドエッグカップ」
100円ショップ「キャンドゥ」で購入

100均「ポーチドエッグカップ」
シリコン製のシンプルなカップ

カップにバターか油を薄く塗り、タマゴを割り入れたらお湯を沸かした鍋に浮かべます。火を止め、フタをして10分ほど待てば完成。バターナイフやスプーンでスライドさせて盛り付けます。

100均「ポーチドエッグカップ」
沸騰したお湯に浮かべたら火を止め

100均「ポーチドエッグカップ」
フタをして10分

100均「ポーチドエッグカップ」
白身が固まったら完成

せっかくなので、このままオシャレ朝食の代名詞「エッグベネディクト」の作り方もご紹介します。

ポーチドエッグを待っている間、半分にスライスしたイングリッシュマフィン、ベーコンをこんがり焼いておきます。

100均「ポーチドエッグカップ」

バター(15g)を電子レンジで溶かし、卵黄(1個分)、マヨネーズ(大さじ1)、塩コショウ、レモン汁少々を混ぜてオランデーズソースを作ります。

100均「ポーチドエッグカップ」
このソースがおいしいんですよね(材料は2人分)

マフィンの上にベーコンとポーチドエッグをのせ、ソースをかけて完成。

100均「ポーチドエッグカップ」
これぞ幸せな朝食

100均「ポーチドエッグカップ」
とろとろの黄身と絡めて召し上がれ♪

コツ・ポイント

黄身が白身にくるまれた一般的なポーチドエッグではないものの、白身は固まり、黄身が半熟状態になったおいしいタマゴができました。かたさはお湯に浸ける時間で調整できますが、とろとろの黄身にしたい場合は、黄身の周りが若干ぷるぷるしている状態で引き上げるのがベストです。

100均「ポーチドエッグカップ」
表面が全く動かなくなるとだいぶかため。これはこれでおいしいけど

丼やパスタなどにトッピングすれば見た目も栄養もアップするポーチドエッグ。家族分のカップを揃えて一気に作っても良いかもしれません。