100均の洗濯槽クリーナー
この夏がんばった洗濯機を洗おう

この夏も汗や泥で汚れた服をめいっぱい洗った洗濯機。普段見えない裏側にカビや雑菌が繁殖しやすいため、定期的なお手入れが必要です(理想は1~2か月に1度だとか)。

100均の洗濯槽クリーナー
一見キレイでも裏側は…

えんウチではこれまで酸素系漂白剤を使ったお手入れをご紹介してきましたが、専用の洗剤はそれなりにコストもかかるもの。そんな時に頼りになるのはやっぱり100均。今回は、100円ショップ「セリア」で販売されている「カラーサイン付洗濯槽クリーナー」を試してみました。

100均の洗濯槽クリーナー
100均にもありました

成分は過炭酸ナトリウム(酸素系)、界面活性剤(純石けん分)、アルカリ剤(炭酸塩)のほか、防かび剤(キトサン)なども配合されています。ステンレス槽とプラスチック槽、ドラム式にも対応。

1回分が水溶性のパックに詰められており、軽量いらず。高水位まで水を入れた洗濯槽に入れて(ドラム式の場合はパックの中身だけ使用)、少し回したら2~4時間放置します。

100均の洗濯槽クリーナー
袋から出して入れるだけ

入れてすぐブルーに変化した水が透明になったら浸けおき終了の合図。その後は通常の洗濯サイクルで動かして完了です。水質や水温によってカラーサインが出ない場合もあるそうですが、今回は1時間ほどで透明になりました。ちなみにものすごく汚れている洗濯機の場合はこの時点で黒いゴミが浮いてくると思われます。

100均の洗濯槽クリーナー
サッと溶けてブルーになりました

100均の洗濯槽クリーナー
放置しておくと透明に変化

塩素系のような刺激臭がなく、防カビ作用もあるのが嬉しいポイント。GW頃に掃除した筆者宅では幸いそこまで汚れていませんでしたが、やはり夏の終わりのタイミングで1度掃除しておくと安心。100均に行くついでに手に取ってみてはいかがでしょうか?