水出しカップ麺比較
水でできるなんて考えもしなかった…!

9月1日は「防災の日」。えんウチ編集部でも毎年災害対策を見直すようにしています。

今年筆者が気になったのは、警視庁警備部災害対策課のTwitterで見かけたカップ麺に関する情報。なんと、カップ麺は水で作ってもおいしいというのです!


筆者はカップ麺が大好きなので常にストックしていますが、災害時でも当然熱湯がなければ作れないと思っていました。これが本当なら備蓄もできて一石二鳥…?早速試してみることに。

そのほかの水出しカップ麺情報を探ってみると、“油揚げ麺”かつ“スープの油が少ない”製品が向いているそう。そこで今回は、「チキンラーメン」、「緑のたぬき」、「チリトマトヌードル」の3種類を検証します。

水出しカップ麺比較
チリトマトヌードルは単純に好きなので

どれも日替わりで筆者のお昼ご飯になる予定です。頼む、おいしくできてくれ…!

30分がベスト?

まずはチキンラーメン。常温の飲料水を内側の線まで入れ、試しに15分放置してみました。

水出しカップ麺比較
水を入れて

水出しカップ麺比較
待つ。フタはホコリよけに

水出しカップ麺比較
お、イケそう!

麺は少々かたいものの、スープも含め食べ慣れたチキンラーメンの味。タマゴもふわふわとまではいきませんがやわらかくなっています。30分後にもういちど食べてみると、先ほどより麺がいつもの食感に近づきました。

水出しカップ麺比較
冷やしラーメン感覚

緑のたぬきは15分だと全体的にかためだったので、30分後に試食。天ぷらも麺もやわらかくなり、だしがしっかり効いた冷やしそばのようで普通においしい!唯一かまぼこの食感だけひどかったのですが、こういう商品があっても良いと思います。

水出しカップ麺比較
15分だとちょっとかたい

水出しカップ麺比較
30分が食べごろ。うまい

筆者がカップヌードルシリーズの中で最も愛しているチリトマトヌードルは、15分の時点で麺が一番やわらかくなりました。最近加わった具材“白い謎肉”もふわふわジューシー。スープの溶け残りが気になる以外はいつもどおりのおいしさです。

水出しカップ麺比較
今回麺の食感が一番普段どおりでした

水出しカップ麺比較
冷たくてもおいしい謎肉

これは“アリ”

結論、水出しカップ麺は食事として十分なクオリティでした。15分でも食べられますがより普段のおいしさを求めるなら30分がオススメ。今すぐ試してみてとは言いにくものの、非常時に備えて頭の片隅にでも覚えておいて頂ければと思います。何より飲料水があることが前提なので、今日は防災点検をお忘れなく。