ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」
よく飲む人には嬉しい

お湯に溶かすだけでコーヒーが作れるインスタントコーヒー。もしスプーンで計量する手間も省けたら、さらに手軽に飲めますよね(筆者の母はキャップで適当に量っていますが…)。

100円ショップ「ダイソー」で販売されている「インスタントコーヒーキャップ」は、スプーンなどを使わずにインスタントコーヒーが量れる専用キャップ。キャップの中が特殊な構造になっており、“ビンを逆さにするだけ”で一定量のコーヒーが出せるのだとか。

ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」
ビン入りインスタントコーヒー専用キャップ

ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」
中にヒミツがある模様

使用方法は、予め付いているキャップの代わりに商品をギュッと押しこむだけ。レギュラーとスモールの2サイズがあり、インスタントコーヒーの容量に合わせて選べます。パッケージ裏にメジャーなメーカーが書いてあるので参考に。

ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」
インスタントコーヒーのフタを開けて

ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」
キャップをギュッと押しこむ
(画像はレギュラーサイズ)

使い始めはまずビンごと逆さにして戻します。2回目以降は傾けるたび一定量のコーヒーが出てくる仕組み。

ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」
一度逆さにすると容器の中に一定量溜まる

中身が全部出てきたらどうしよう…と恐る恐るひと振り。カップの底が隠れるくらいのコーヒーが出てきてピタッと止まりました。

ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」
ふぁさっ…

なお記載では一回で出てくる量は約2gとなっていますが、だいたい小さじ1杯程度とお考え下さい(今回使用したネスカフェゴールドブレンドはお湯150mlで溶かしてちょうどいいくらいでした)。

ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」
商品によって異なりますが、1回振るとこのくらい※スプーンは大さじです

1度作ってみると濃さが分かるので、好みや量に合わせて加減もしやすいかと思います。なおスモールサイズはふた振りで1杯分とのこと。

ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」
多めに飲みたい時はふた振り

キャップも片手で開閉できるので、インスタントコーヒー作りが格段に捗るキャップ。よく飲む人には重宝しそうです。