Satto 水切りワイパー

よくしなるから使いやすい♪山崎産業から展開されている「Satto 水切りワイパー」を試してみました。

流しや風呂場の水気をとるのに役立つ水切りワイパー。ブレードがよくしなるため水滴を取りこぼしにくく、浴槽のカーブやタイル状の壁面などにもスムーズにフィットします。別売りのハンドルをつけて柄を長くすれば、高いところも掃除可能。使い終わった後はブレードと柄の間にある三角形の穴を使って、風呂場のシャワーフックにかけておくことができます。

Satto 水切りワイパー
つなぎ目のないシンプルなつくり

Satto 水切りワイパー
よくしなるブレードが強み

Satto 水切りワイパー
水滴を取りこぼさず、しっかりかき出してくれます

Satto 水切りワイパー
ビショビショに濡れた鏡も、

Satto 水切りワイパー
スーッと滑らせれば、

Satto 水切りワイパー
キラーン

Satto 水切りワイパー
浴槽のカーブや、

Satto 水切りワイパー
デコボコの床にも柔軟にフィットします

Satto 水切りワイパー
狭い面にも使えて便利

Satto 水切りワイパー
使い終わったらシャワーフックにかけて保管

筆者は100円ショップで購入した水切りワイパーを使ってきたのですが、この「Satto 水切りワイパー」の方が水をしっかりかき出せる上、壁面を傷つけにくいように感じました。難点を挙げるとすれば、グリップのつくりがシンプルなため少し手首が疲れやすいかもしれません。水切りワイパーの価格帯は広いので、初めての人はまず100円ショップなどの商品を試し、満足できない点があったら高めの商品を試してみるのもよいと思います。

「Satto 水切りワイパー」の販売場所は各種通販サイトなど。筆者はAmazon.co.jpで購入し、価格は714円でした。水まわりの水アカやカビの防止に役立ててみてはいかがでしょうか?