中村食肉オリジナルスパイス「マキシマム」

南北様々な食文化が存在する日本。ご当地グルメと言われて思い浮かぶものは、お菓子や家庭料理が多いかと思います。

そんな中、畜産業が盛んな宮崎県には“肉に合う魔法のスパイス”があるという噂をキャッチ。今回グルメスーパー「三浦屋」でたまたま入手できたのでご紹介します。

中村食肉オリジナルスパイス「マキシマム」
これ

「マキシマム」は、宮崎県の総合食肉メーカー・中村食肉が販売するオリジナルスパイス。県内の家庭ではおなじみの調味料で、ステーキ、スープ、ハンバーグ、ドレッシングなど様々な料理に使えるそう。

原料は食塩、胡椒、醤油、野菜粉末、ナツメグ、クミンなど10種類以上。そのままなめるとピリ辛スパイシーな和風塩コショウという感じで実に色々な要素で構成されています。

中村食肉オリジナルスパイス「マキシマム」
クミンやナツメグが強めですが、醤油も効いた複雑な味

肉屋さんが作っているということもあり、まずは鶏もも肉に振りかけてソテーに。15分ほど置いてしっかりなじませてから焼くと、味がまとまり驚くほどこなれた味になりました…!

中村食肉オリジナルスパイス「マキシマム」
スパイシーでジューシーなソテーに変身
ご飯、そしてビールに合う

このほか生野菜、ポテト、タマゴなどに試した中で、意外にもハマってしまったのがパスタ。お弁当のハンバーグの横に入ってる何だかわからなけどおいしいパスタみたいでめちゃくちゃクセになります。

中村食肉オリジナルスパイス「マキシマム」
マキシマムポテト

中村食肉オリジナルスパイス「マキシマム」
マキシマム目玉焼き

中村食肉オリジナルスパイス「マキシマム」
キャベツ、ベーコン、ニンニクとマキシマムのみのパスタ。ウマい。

うっかりかけすぎるとしょっぱくてもういいかな、と思うのですが、次の日になるとなぜか無性に食べたくなる不思議なスパイス。気づけば筆者も立派なマキシマム中毒に…。

1本で味が決まるので、家庭ではもちろんバーベキューやキャンプに持参しても盛り上がること間違いなし。三浦屋でも欠品することが多いそうなので、運良く見かけたらぜひ試してみてください!