名作文学を再現したコーヒー「飲める文庫」
K…

“名作文学の読後感”を再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」が誕生。「読書の日」の10月27日から11月30日までの期間、コーヒー豆専門店「やなか珈琲店」で販売されます。

飲める文庫は、やなか珈琲店とNECのAI(人工知能)が共同で開発したオリジナルコーヒー。文学作品に関する1万件以上のレビュー文(読後感)をコーヒーの味覚指標(苦味/甘味/余韻/クリア感/飲みごたえ)に変換したデータをもとに、同店の専門家がブレンドしたそうです。

名作文学を再現したコーヒー「飲める文庫」
みんなの読後感を分析して

名作文学を再現したコーヒー「飲める文庫」
ひと袋のコーヒーが完成

ラインナップは「若菜集」(島崎藤村)、「人間失格」(太宰治)、「舞姫」(森鴎外)、「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」(夏目漱石)の6種類。胸が苦しい結末の作品もありますが、一体どんな味わいなのでしょうか…?

名作文学を再現したコーヒー「飲める文庫」
錚々たる顔ぶれ

ビーンパッケージは各100g入りで950円(税込、以下同じ)、11月8日より「6作品飲み比べ ドリップバッグセット」(2,340円)も販売されます。販売店舗は秋葉原CHABARA店、アトレ亀戸店、コレド室町店、ルミネ北千住店、ルミネ立川店、エキュート赤羽店、アリオ西新井店、トレインチ自由が丘店、中野マルイ店および公式通販サイト。期間中でも在庫が無くなり次第終了とのことなので、気になった方はお早めに!

名作文学を再現したコーヒー「飲める文庫」
読書家のあの人にプレゼントしても
(画像はドリップバッグ)