ダイソー「ゆずレモン鍋」
味を変えて毎日鍋でも良いかも

簡単で冷蔵庫整理もできて栄養もしっかり摂れる鍋料理。冬の間つい多用してしまう人も多いのではないでしょうか?

でも市販のパウチタイプの鍋つゆは3~4人前がほとんど。少人数世帯だと微妙な量なんですよね…。

そこで見つけたのが100円ショップ「ダイソー」のオリジナル鍋つゆ。2~3人前(400g)入りで税込108円と非常にお手頃ですが、果たしておいしいのでしょうか?今回は「ゆずレモン鍋」「味噌ちゃんこ鍋」「塩ちゃんぽん鍋」の3種類を試してみました。

ダイソーの鍋つゆ
自社ブランド「DAISO SELECT」の鍋つゆ
国内製造

いずれもストレートタイプなので、そのまま鍋に入れて好きな具材を煮込むだけ。

ダイソー「ゆずレモン鍋」
準備も簡単

澄きとおったスープのゆずレモン鍋は、爽やかな香味とチキンベースだしの奥深い塩味が楽しめます。シメは酸辣湯風ラーメンにするのがオススメとのこと。

ダイソー「ゆずレモン鍋」
水餃子でスープ風に

鰹、昆布、ポークエキスをブレンドし、白味噌仕立てであっさり仕上げた味噌ちゃんこ鍋。どんな具材とも相性が良く、いくらでも食べられそう。

ダイソー「味噌ちゃんこ鍋」
特に鶏肉、揚げとの相性◎

魚介とチキンベースに黒こしょうを効かせた塩ちゃんぽんは今回の中で一番パンチのある味。といっても実際のちゃんぽんよりはあっさりしていて、ビールによく合います。

ダイソー「味噌ちゃんこ鍋」
ぜひさつま揚げを入れて!

どれもくどすぎない味わいで、素材の味も楽しみたい人にオススメ。ちなみに筆者宅で一番好評だったのは味噌ちゃんこでしたのでご参考まで。

唯一の難点はおいしすぎてつゆがほとんどなくなってしまうため、シメが作りにくいこと。ひとり鍋でシメまで存分に楽しむのも良いかもしれません。筆者も引き続き全種類制覇を目指そうと思います!