貝印「リンゴカッター」

旬のリンゴを一気に8等分に♪貝印が展開するキッチンツール「りんごカッター」を試してみました。

放射線状にカッターがつけられたキッチンツール。リンゴの真上から押し当てることで、芯をくり抜く&8等分にすることができます。 グリップは“ソラマメ型”にデザインされており、しっかり握りやすいのもポイント。それではさっそく新鮮なリンゴで試してみましょう。

貝印「リンゴカッター」
放射線状のカッターが特徴

貝印「リンゴカッター」
なかなか鋭利です

貝印「リンゴカッター」
“ソラマメ型”のグリップで握りやすい

リンゴの真上からぐっと押し当てると意外にもビクともせず。少し焦りましたが、ゆっくり体重をかけると皮に切れ込みが入り、ググッとカッターが下がっていきました。よかったー!手にかかる抵抗は徐々に少なくなり、リンゴの底まで無事到達。大輪の花がパカッと咲いたような、可愛らしい8等分のリンゴができました。

貝印「リンゴカッター」
リンゴの真上からぐっと押し当てて、

貝印「リンゴカッター」
ググッと力を込めていきます
(ジュースが噴出してきた?)

貝印「リンゴカッター」
もう一息、

貝印「リンゴカッター」
あともう一息

貝印「リンゴカッター」
パカッ

貝印「リンゴカッター」
きれいな8等分に
種もちゃんと除かれています

カットされたリンゴをよく見ると少し断面がギザギザした状態。でも味には影響なく、美味しく食べることができました。くりぬかれた芯は意外とコンパクト。包丁で切るより果肉がムダになりやすいのでは、と心配していましたが、この程度なら問題なしといえそうです。

貝印「リンゴカッター」
芯をくり抜きすぎないので果肉のムダは少なめ

リンゴだけでなく和梨にも使える「りんごカッター」。力がそれなりに必要な点とカッターが鋭利な点には要注意ですが、パカッと8等分になったときの爽快感はなかなかのもの。よくリンゴを食べる方は使ってみてはいかがでしょうか?筆者はAmazon.co.jpで購入し、価格は693円でした。