ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
ますます便利&オシャレに!

ラベルライター「ピータッチキューブ」シリーズに、デザイン性と機能を拡張した上位機種「PT-P710BT」が登場。ブラザーから2月中旬に発売されます。

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
ピータッチキューブ「PT-P710BT」

ピータッチキューブは2016年10月の発売以来、販売台数4万台を超えるヒット商品。その上位機種ともなればこれから買う人はもちろん、既に持っている人も気になりますよね。ひと足先に新モデルを使ってみました!

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
見た目はほぼ同じだけど…?

「ピータッチキューブ」って?

ピータッチキューブは本体にキーボードがなく、ラベルのデザインや操作をすべてスマートフォンの専用アプリで行うのが特徴。本体とはBluetoothで接続するため、少し離れた場所からでも印刷できます。

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
スマホでラベルデザインを作ったら

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
本体から出力

使い慣れたスマートフォンでデザインするため入力も簡単。テンプレートが豊富に用意されており、あれこれ悩まずに好みのラベルが作れるのも魅力のひとつです。

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
オシャレなラベルも簡単に作れます

新モデルはここが変わった!

・24mm幅のテープに対応

新モデルでは従来の12mm幅テープに加えて、新たに24mm幅テープにも対応。フォントサイズをより大きくしたり、文字を2行で入力したりできるようになりました。

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
2倍のテープ幅が使用可能に

これにより視認性が向上し、衣装ケースやゴミ箱、高い位置のラベルもひと目で判別可能に。近眼の筆者には非常にありがたい!

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種

・QRコードを印刷した「シェアラベル」

さらに、任意の画像やURLをひもづけた“QRコードラベル”が作れるテンプレートを追加。例えば容器を移し替えた洗剤や調味料の製品サイト、家電の取扱説明書などを貼っておくことで、スマートフォンからすばやく確認できます。※画像や動画のアップロードにはDropboxのアカウントが必要

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
洗剤を移し替えたボトルに

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
シェアラベルでひもづけ

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
使用方法や購入サイトにすぐアクセスできます

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
家電の説明書もその場で確認

・オシャレな「ショップラベル」テンプレートも

また、飲食店などを運営する個人事業主向けに、お店の装飾やテイクアウトのラッピングラベルといったテンプレートも用意。どれもスタイリッシュなので自宅で使ってもオシャレですね!

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
手作りフードやアクセサリーを販売している人にも役立ちそう

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
お店のロゴも入れられます

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
高級感溢れるテープも同時発売

サイズ・その他の仕様

オールホワイトのキューブデザインはそのまま、サイズは従来よりひと回り大きい128×67×128mmに変更。さらに電源は単4型電池からリチウムイオン電池に変わり、USBケーブルで充電できるようになりました。

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
パソコンとの接続も可能

おまけ:収納には100均!?

ちなみに以前から公式サイトでピータッチキューブの収納グッズとして紹介されている100均のCDボックスは、今回のモデルにもピッタリ。取っ手付きで持ち運びやすいので、しまう派の人は要チェックです。

ラベルライター「ピータッチキューブ」上位機種
100円ショップ「セリア」の「CDタフボックス」という商品

ピータッチキューブ「PT-P710BT」の想定小売価格は1万2,500円(税別)。価格は前モデルの約2倍になりましたが、活用範囲はそれ以上に広がった印象。これから買う人にはやはり新モデルが良さそうです。