料理本「ちょこっと下ごしらえで夜ラク!絶品ごはん」

料理本「ちょこっと下ごしらえで夜ラク!絶品ごはん」が学研プラスから発売された。著者は料理研究家の舘野鏡子さん。価格は1,200円(税別)。

「ついでに5分の下ごしらえで、晩ごはん作りが驚くほどラクになる」ことをコンセプトとした書籍。元気がある朝や朝食の準備ついでにできる下ごしらえと、それを使った料理を紹介。「肉や魚に下味をつけておく」「野菜を切っておく」などの下ごしらえにより、夜の帰宅後は「焼くだけ」「あえるだけ」で済むそう。肉には味がしっかり染みこんでぐっと美味しく、野菜はシャキシャキに仕上がる効果もある。

料理本「ちょこっと下ごしらえで夜ラク!絶品ごはん」
「鶏もも肉のハーブ漬け」を「ハーブチキンとキャベツの蒸し焼き」に

料理本「ちょこっと下ごしらえで夜ラク!絶品ごはん」
「豚ロースのみそ漬け」を「豚肉ともやし、にらのみそ蒸し煮」に

コンテンツの概要は以下のとおり。

Part1:朝ごはんのついでに肉や魚介を漬けておく
肉や魚介に調味料をからめて冷蔵庫で保存。夜はそれを焼いたり、揚げたり、野菜と一緒に炒めたりすることで、ラクに美味しく仕上げることができる。急な予定変更時にはそのまま冷凍することが可能。

Part2:週末にまとめて肉を仕込んでおく
ゆで鶏や煮豚、ローストビーフ、そぼろなどの肉おかずを、時間がある週末に多めに仕込む。まずはシンプルに食べ、残りはひと手間で別のおかずに変身させられる。

Part3:野菜を下処理してストックしておく
手間がかかる野菜の下ごしらえをまとめてやることで、野菜たっぷりの副菜をあっという間に仕上げることができる。

Part4:下ごしらえ食材を利用した手間なし献立
下ごしらえした食材を使った平日5日間の献立案。