ダイソーのピアス

100円ショップのアクセサリーってどうなの?普段使いにOKなものとNGなもの、チェックすべきポイントをお伝えします。

今回はダイソーで購入したピアス5個で解説。ファッションにもよるので一概に言い切れませんが、個人的にはOKが3個、NGが2個あります。

ダイソーのピアス

ダイソーのピアス
どれがNG?

NGアイテム

NGは以下の2個。理由は次の通りです。

ダイソーのピアス

・ビジューなど大きなパーツが使われている
パーツが大きければ大きいほど、安っぽさが目立ちやすくなります。はめ込みにずれが見られることも多し。もし買うなら個体値チェックは欠かせません。

ダイソーのピアス
右側、一番大きなビジューが土台からずれています

・貼り付けられたラインストーンの数が多い
安いアクセサリーのラインストーンはとくに取れやすいので、数が多ければその分リスクも増加します。1個取れただけでもうつけたくなくなりますよね。

・金属面が広い
ビジュー同様、ゴールド風やシルバー風など金属の素材感を前面に出したアイテムも危険。面が広いと安っぽさが目立ってしまいます。

ダイソーのピアス
暗い場所で着ける分には問題ないかも

OKアイテム

逆にOKなのは以下の3個。少数の小さいビジューやパール、細い金属で構成されたシンプルなアイテムです。基本的にはNGの逆を取れば安パイ。

ダイソーのピアス

ダイソーのピアス
繊細なものを選んで

ネックレスやリングなどもチェックポイントは同じ。あくまで普段使いとしてのOK・NG判断ですので、あえてキッチュなものが欲しい場合はこの限りではありません。つけ忘れてしまった日、応急処置の参考にどうぞ!