紀ノ国屋「りんごバター」
甘くとろけるりんごバター、あっという間になくなります!

いまや日本の恒例イベントともいえる“ヤマザキ 春のパン祭り”。効率良く点数がたまるので食パンが家に溢れている人も多いのでは?

紀ノ国屋「りんごバター」
この時期はトースト派

そうなるとトーストをいかにおいしく消費するかも追求したくなるもの。最近筆者がハマっているのは、スーパー「紀ノ国屋」で販売されている「りんごバター」です。

紀ノ国屋「りんごバター」
りんごバターってあまり見かけないですよね

この商品は、信州産ふじりんごと国産バターを使用したスプレッド。フタを開けると芳醇なリンゴの香りが鼻をくすぐります。

紀ノ国屋「りんごバター」
すりおろしリンゴのよう

カリッと焼いたトーストに塗ると、バターのコクととろける果肉が口いっぱいに広がってリンゴのデニッシュを食べているような気分。筆者は市販の甘いジャムがあまり得意ではないのですが、こちらはリンゴそのもののスッキリとした甘みが活かされています。

紀ノ国屋「りんごバター」
あまりバター感が強くないのも◎

また“食パンに塗ってから焼く”のもオススメ。全体の温度差が無くなり、パンからじゅわ~んと染みだすバターがたまりません!ワッフルやパンケーキなどパン以外のメニューにも合うこと間違いなし。

紀ノ国屋「りんごバター」
香りは弱まりますが、先のせパターン(右)もアリ

りんごバターは140g入りで630円(税別)。冒頭の食パンよりだいぶ高いですが、その分いつものパンをワンランクアップさせてくれますよ。