お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも

ほかほかの炊き立てご飯を電子レンジで手軽に♪スケーターから展開されている電子レンジ用調理器具「すぐに炊きたてご飯メーカー」を使ってみました。

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも

その名のとおり、電子レンジでご飯を炊くための容器。1合、1/2合といった少量で炊ける上、水の割合を増やせばおかゆを作ることもできます。

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
しゃもじやスノコが付属

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
普通のご飯だけでなく、

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
おかゆを作ることもできます

米1合分を炊く場合は、水と一緒に容器に入れてしばらく吸水(夏場は約20分、冬場は約30分)。中フタと外フタをして電子レンジ(500W)で約10分加熱した後、約20分蒸らせばできあがりです。しっとりツヤツヤした見た目に変身していますが、お味のほうはいかがでしょうか?

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
米と水を入れて20~30分ほど吸水

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
中フタと、

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
外フタをかぶせて、

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
電子レンジで10分加熱

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
約20分蒸らしたら、

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
オープン!

ふっくら膨らんだ米粒たちは、芯までほどよく加熱されておりモチモチした食感。炊飯器で炊いたお米と比べると風味はやや落ちるものの、特に気にならない程度です。蒸らす時間は約20分となっていますが、カレーをかけたり炒飯にしたりするのであればもう少し短くても良いかと。なお数時間後に再び試食したところ、しっとり・もっちりした食感がよく保たれていました。

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
しっとり、もっちり食感がグッド

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
米と一緒にグリーンピースなどを入れれば炊き込みご飯もできます

付属品にはスノコが含まれており、カボチャなどの野菜や冷凍シュウマイなどを蒸せるのも嬉しいポイント。スノコの下に水を入れてしっかり蒸気を出すことで、電子レンジ調理では固くなりがちな食品も水分をほどよく含んだ仕上がりになります。一度に蒸せる量は多くありませんが、副菜やお弁当のおかずなどを用意するのに役立ちそう。中華まんを温め直すのにも使えます。

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
容器に水を入れ、スノコの上にカボチャを並べます

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
中フタをして、

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
電子レンジで加熱

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
蒸しカボチャのできあがり!

お米1合を電子レンジで炊ける容器「ご飯メーカー」、野菜や肉まんを蒸すのにも
ほっこり柔らかく仕上がりました

「すぐに炊きたてご飯メーカー(1合炊き用)」のおおよそのサイズは幅15.5×奥行14.0×高さ12.8cm。各種通販サイトで取扱いがあり、価格帯は1,000円前後となっています。2合用のモデルもあるので、ライフスタイルにあわせて選んでみてはいかがでしょうか。