冷たい牛乳でつくるカップスープ

冬の朝食のおとも「クノールカップスープ」。お湯を注ぐだけでほっと温まるおいしいスープが作れて重宝している人も多いはず。

冷たい牛乳でつくるカップスープ
冬場はお世話になりました

そんなクノールカップスープに、“冷たい牛乳でつくる”春夏限定バージョンが存在するのをご存知でしょうか?2014年より販売されており、ラインナップは現在5種。コーンポタージュ、じゃがいものポタージュ、トマトのポタージュ、完熟栗かぼちゃのポタージュ、枝豆のポタージュが展開されています。

今回は枝豆のポタージュを除く4種を購入。それぞれ3袋入り、スーパーでの購入価格は各158円(税別)でした。

冷たい牛乳でつくるカップスープ
4種をレビュー

冷たい牛乳でつくるカップスープ

作り方は全種類共通。袋の中身をカップにあけて冷たい牛乳130mlを注ぎ、スプーンでよく混ぜます。中身が溶けたら出来上がり。牛乳の代わりに豆乳を使ってもOKです。

冷たい牛乳でつくるカップスープ

冷たい牛乳でつくるカップスープ
袋の中身をあけ、

冷たい牛乳でつくるカップスープ
冷たい牛乳130mlと混ぜ合わせます

冷たい牛乳でつくるカップスープ
完成!30秒ほどおくとスープと牛乳がなじんでよりおいしくなります

定番のコーンポタージュは、指定農場栽培の“スーパースイートコーン”を使用。たっぷりとしたコーンの甘みとコクが楽しめます。のどごしはすっきり、まさに夏にぴったりのコーンポタージュ!

冷たい牛乳でつくるカップスープ

冷たい牛乳でつくるカップスープ

じゃがいものポタージュは、ざらっとした裏ごしじゃがいものような舌ざわりと豊かな風味が特徴。食べてると飲んでるの間のような感覚です。冷たさが引き立てるじゃがいもの甘みがたまらない!飲みごたえも満点です。

冷たい牛乳でつくるカップスープ

完熟栗かぼちゃのポタージュは、もったり濃厚な口あたり。ぼやけがちなかぼちゃの甘みを強めの塩気が引き立てるおしゃれな味わいです。

冷たい牛乳でつくるカップスープ

トマトのポタージュは、トマトの甘酸っぱさとポタージュの濃厚さがマッチした一杯。完熟トマトとモッツァレラチーズが使われ、軽すぎず重すぎずいいバランスです。さっぱり系のトマトスープじゃ物足りないという時にぴったり。トマトクリームパスタが好きな人は気に入る味かと。

冷たい牛乳でつくるカップスープ

いずれも規定量の牛乳(130ml)で作るとかなり濃厚な仕上がり。あっさりめが好きなら牛乳量を増やしたり水を加えたりして調節しても良いかと思います。食欲のない日の朝食代わりや、食事の一品に。ストックしておいても便利だと思いますよ~。