みかんの缶詰シャーベット
たまにはこんなおやつもアリ?

夏はおうちでアイスを作る人も多いかと思いますが、フルーツジュースをそのまま凍らせるだけでは味が薄くなりやすいのが難点。ラクにできるものはないかと見つけたのが…

みかんの缶詰。

みかんの缶詰シャーベット

シロップの甘みが加えられているうえ、たまに夜店でも凍らせた缶詰が売られているそうなので間違いないはず。念のためメーカーに問い合わせたところ「温度によっては中身が膨張して密封が損なわれる可能性があるため、凍らせる場合は冷凍保存が可能な容器に移し替えて欲しい」とのこと。缶ごと豪快に凍らせたかったのですが、今回はバットと製氷器にシロップごと入れて冷凍してみました。

みかんの缶詰シャーベット
バットと

みかんの缶詰シャーベット
製氷器にシロップとともに
(パイン、桃も一緒にやってみました)

バットの場合は2~3時間ごとにフォークでかき混ぜてほぐすと食べやすくなります。

みかんの缶詰シャーベット
2~3時間ごとにほぐすと◎

みかんの缶詰シャーベット
みかんが凍れば完成!

製氷器の方は固まったらそのまま盛り付けて、溶けてきたところでくずしながらいただきます。

みかんの缶詰シャーベット

どちらも、ちょっと溶けてフルーツが柔らかくなった頃が美味!冷凍みかんのような果実と、シロップ部分もほど良い甘さのシャーベットになりました。

なお一緒にパイン、桃も試してみましたが、個人的にはみかんが一番甘みと酸味のバランスが良くて好み。さっぱりしていますが糖分もそれなりに入っているため、大きな缶で作る場合はみんなでシェアするのが良さそうです。

ちなみに今回買った「明治屋」の缶詰はみかんの味が濃くてアイスの「ガツン、とみかん」にものすごく近い味になったのでおすすめ。暑い日の簡単手作りおやつにいかがでしょうか?

みかんの缶詰シャーベット
これおいしかった