味の素冷凍食品「しょうがギョーザ」
新感覚のあっさり餃子

市販用冷凍・チルド餃子市場で“売り上げ日本一”を誇るという味の素冷凍食品の「ギョーザ」。フライパンさえあれば誰でもおいしく焼けるので、冷凍庫に常備しているという人も多いのでは?

そのギョーザシリーズに、8月から新たに「しょうがギョーザ」が仲間入り。スーパーで見かけて何気なく食べてみたら、個人的に定番を超えるおいしさだったのでご紹介します。

味の素冷凍食品「しょうがギョーザ」
8月12日より販売中

しょうがギョーザは平日でもおいしく食べられるよう、ニンニクを使わずショウガを効かせて仕上げた冷凍餃子。ギョーザと同様、水と油は加えずに凍った餃子をそのままフライパンで焼くだけで作れます。

味の素冷凍食品「しょうがギョーザ」
加熱すると“羽根のもと”が溶けだして

味の素冷凍食品「しょうがギョーザ」
誰でもパリッと仕上がります

パリパリ香ばしい皮を破ると、中からは野菜と肉の甘みがじゅわ~っ。ショウガが後味に爽やかさを広げ、全体的にあっさりしていて箸が止まらなくなります。1パック(12個入り)で2人分くらいの見積もりでいたのですが、これは1人で1袋食べられてしまう…!

味の素冷凍食品「しょうがギョーザ」
ショウガが強過ぎないのでお子さんにも

「ギョーザ」もリニューアル

ちなみに、定番の「ギョーザ」も同時にリニューアルしたそう。どちらも原料に国産の野菜と肉を使用し、具の量を変えずうす皮にすることで“黄金バランス”を追求したのだとか。

味の素冷凍食品「しょうがギョーザ」
ギョーザもさらにおいしさアップ

味の素冷凍食品「しょうがギョーザ」
安定感ある王道餃子といえばこっち

どちらも作ってみて感心したのは「昔からこんなにキレイな羽根ができたっけ?」という程パリパリの羽根ができる点。コツは焼き色が付くまで何もせずただひたすら待つこと。革命的に簡単なおうち餃子をぜひ体験してみてください!

味の素冷凍食品「しょうがギョーザ」
羽根の色が変わるまでじっと待とう