キッコーマン「発酵だし鍋つゆ」
豆腐が主役の鍋はいかが?

熱々の鍋料理がおいしい季節。冷蔵庫の残り物一掃にも役立つので、毎日の献立に悩む主婦の味方ですよね。

最近は市販の鍋つゆがどれもおいしくて筆者もつい多用してしまうのですが、今年の新商品でぜひ試してみて欲しいのがキッコーマンの「発酵だし」鍋つゆシリーズ。 かつお節とおから(大豆由来)を発酵させてからとっただしがベースになっており、「あごだし鍋つゆ」と「焙煎ごま鍋つゆ」の2種類が展開されています。

キッコーマン「発酵だし鍋つゆ」
キッコーマン「発酵だし」鍋つゆシリーズ
購入時の価格は300円ほど

同商品のもう1つの特徴は“とろける豆腐”。絹ごし豆腐を加えてよく煮込むと、豆腐がスープにとろけてクリーミーな味わいに変化するのだとか(アルカリ性のお湯で煮ると豆腐が溶けやすくなる「温泉湯豆腐」を参考にしているそう)。

希釈タイプのつゆは少人数世帯でも使いやすい2人前×2袋入り。まずはあごだし鍋つゆに適当な具材と豆腐を入れて煮込んでみました。

キッコーマン「発酵だし鍋つゆ」
4人家族でも、少人数でも使い切りやすい小分けパック

キッコーマン「発酵だし鍋つゆ」
ぶわっと立ち上るあごだしの香り
※画像は1人分に調整してます

キッコーマン「発酵だし鍋つゆ」
豆腐は“絹”で!

フタを開けるとパッケージほど豆腐に変化がなく「期待外れか?」と思いきや、ひとくち食べるとそのなめらかさに驚き!豆腐に火を入れ過ぎると固くなりがちですが、表面が箸で持てないくらいとろりとしてやさしい口あたりが楽しめます。

キッコーマン「発酵だし鍋つゆ」
表面がなめらかでおいしい~!

また、作る前は澄んでいたスープにも豆腐が溶けだしてクリーミーな色合いに。市販の豆乳鍋ほどではないものの、ガツンと濃厚なあごだしにまろやかなコクを加えています。飽きのこない上品なおいしさでシメの雑炊までペロリ。

一方の焙煎ごま鍋つゆは、発酵だしに焙煎した2種類のごまとじっくり煮出した鶏がらだしを合わせたもの。香ばしいごまはどんな具材とも相性◎。同シリーズはつゆが多めに残る分量なので、シメはぜひうどんで。

キッコーマン「発酵だし鍋つゆ」
焙煎ごま鍋つゆの豆腐もとろけました

どちらも発酵だしの効果か味に奥行きがあり、ワンランク上のおいしさが楽しめる印象。何といっても豆腐の食感が新鮮なので、ぜひお気に入りの豆腐で試してみて!