ロボット掃除機 ブラーバ

最近では廉価な商品も増えてきたロボット掃除機。先日ニトリで2万円程度のオリジナル商品が販売されているのを見て驚きました。

ひとり暮らしでさほど部屋が広くない、掃除機がけが苦ではないなどから二の足を踏んでいた私も、このたび友人の勧めで「アイロボット ブラーバ380j」を3万円ちょっとで通販購入。

ロボット掃除機 ブラーバ
はじめまして

結論から言うと大大大満足!しかし他の商品と使い比べたわけではないので激プッシュはしません。

この記事では固有のロボット掃除機ではなく、ロボット掃除機を取り入れて得られたメリットや生活に起きた変化をお伝えしたいと思います。なお事前情報ほぼなしでの導入、一般的なキャニスター型掃除機から乗り換えた一事例であることをご了承ください。

ロボット掃除機のメリット6つ

1. 床に物を置かなくなる

行動の変化で一番大きいのはこれでしょう。極力床に物を置かない、ロボット掃除機ファーストの部屋作り・生活習慣を心がけるようになります。

移動が大変な家具類は別として、それ以外の「一時的にそこに置いてあるもの(出しっぱなしとも言う)」をどかさないとロボット掃除機の力が発揮されません。これにより部屋を散らかさないよう常に意識するようになりました。

ロボット掃除機 ブラーバ
カバンを床置きしなくなったり

2. 騒音を気にせずに済む

ほぼ無音なので、集合住宅においても夜でも稼働できます。普通の掃除機も今はだいぶ静音になっていそうではありますが…。

この点で重要なのはストレス減らせること。「散らかってるな」と感じてから掃除を実行するまでのタイムラグがゼロにできるので、その間に発生していたであろうもやもやとしたストレスを受けずに済みます。スタートボタン押して寝てもいいし。

ロボット掃除機 ブラーバ
静かすぎて時々見失うほど

3. 省スペース

複雑な形状の掃除機。背も高く収納の際も厄介でしたが、ロボット掃除機ならおおむね箱型で場所をとらず・選ばず収納可能です。ブラーバ380jはティッシュ箱2個分くらいのボリューム。

ロボット掃除機 ブラーバ
コンパクト

4. 換気しなくてよい

これは機種にもよるかもしれません。ブラーバはおそうじシートの仕組みで空気の吐き出しがないので、窓を開けたくない気候や時間帯でも気にせず使えます。真夏や真冬はとても嬉しい。

5. 諦めていたことに気づく

便利な家電を使うことを“家事の手抜き”とネガティブにとらえる人もいるかもしれません。でもロボット掃除機に床掃除を任せることで、引き出しの整理や窓ふきといった、これまで手の回らなかった部分を掃除する余裕が生まれます。

ロボット掃除機 ブラーバ
ふだんの掃除がより行き届く

そんなに大変でもないし…と自分で掃除機がけしている間は無意識に諦めていた作業。掃除に限らず趣味や勉強など、時間に余裕が生まれてやっと意識に上ってくることってあると思います。これは実際体験しないと気付かないポイントかと。

個人的にはロボット掃除機をかけている間は自分も掃除するのが好きです。「ここは任せた、私はあっちを片付ける」って協力してる気分になるから。

6. かわいい

冗談抜きで最初の驚きはこれでした。かわいいんですね、動きが。

ロボット掃除機 ブラーバ
かわいい

テーブルの脚などにぶつかって動きを止め周囲の様子をうかがう姿には「はじめてのおつかい」を見守るようなじれったさとを応援したい気持ち感じ、後ろからコツンと体当たりしてきたときは思わず「ああ、ゴメンゴメン」と口走る。これまで家電に抱いたことのない感情が生まれました。

ロボット掃除機 ブラーバ

ロボット掃除機 ブラーバ
がんばれ!

あとブラーバは位置関係などを読み取っている時本体の青色ライトが点滅するのですが、これがラピュタに出てくる巨神兵の目みたいでとてもいい。

ロボット掃除機 ブラーバ

まとめ

以上6点が、使い始めて数日でぱっと思い浮かんだメリットです。使い続ければ他のメリットを感じたり、逆にデメリットが見つかるかもしれません。でも総合としては絶対にメリットが多い!部屋と機種の相性をよく吟味した上で、ぜひ導入してみてください。

ロボット掃除機 ブラーバ
ブラーバは水拭きもできます