おすすめのグルメサバ缶
サバ缶最高

手軽さと栄養価の高さから度々テレビで取り上げられ、そのたびに品薄になる“サバの水煮缶”。スーパーでなかなか手に入らないことに、筆者と同じくサバ缶ラバーの皆さんはちょっぴりいらだっているのではないでしょうか?

サバの水煮缶のイメージ画像
ない時は本当に手に入らないんです

骨や脂を丸ごと摂取できる水煮缶が注目されがちですが、サバ自体も元々栄養豊富な魚。今回は毎日日替わりで食べられる、バラエティ豊かなサバ缶を集めてみました。

■さばのトマト煮

マルハニチロ「さばのトマト煮」

まずはマルハニチロから3商品。サバ独特の臭みを抑え、じゃがいもやオリーブと煮込んだ「さばのトマト煮」は、ワインとバゲットを添えればちょっとしたバル風に楽しめます。ご飯にも合うので簡単に済ませたいひとりランチにもピッタリ。

マルハニチロ「さばのトマト煮」
大きなサバの身のほか、オリーブやじゃがいもも入ってオシャレ

■さば竜田甘酢あんかけ

マルハニチロ「さば竜田甘酢あんかけ」

缶を開ければおかずが一品増える手軽さが魅力の「さば竜田甘酢あんかけ」。缶詰には珍しい揚げ物惣菜ですが、ついさっき作ったようなクオリティはさすがです。非常時に備えるローリングストックにもおすすめ。

マルハニチロ「さば竜田甘酢あんかけ」
さば竜田の衣にしっかり甘酢がしみてうまい
※ねぎは入っていません

■ラ・カンティーヌ サバフィレ

ラ・カンティーヌ サバフィレ

いつもキッチンに置いておきたいオシャレなパッケージの「ラ・カンティーヌ」シリーズ。こちらは脂ののったノルウェーサバのフィレが、スペイン産の風味豊かなオリーブオイルに漬け込まれています。ツナ缶と同じ感覚で使いつつ、ジューシーなサバの脂と旨みを堪能して。

ラ・カンティーヌ サバフィレ
サンドイッチやパスタに

■サヴァ缶

岩手県産「サヴァ缶」
被災地三陸から元気をお届け

「Ça va?(元気?)」と書かれたパッケージが印象的な岩手県産株式会社の「サヴァ缶」。最近はスーパーやセレクトショップでも取り扱いが増え、ネット以外でも手に入りやすくなりました。

国産サバにオリーブオイルやチリソースを合わせたオリジナルの洋風缶詰はどれもあっさりしていて、そのままではもちろん他の食材と調理しやすいのもポイント。個人的にはレモンバジル味が好きです。

岩手県産「サヴァ缶」
ほんのり味付きで料理に便利

■オイルサバディン

かねはちの「OIL SABADINES(オイルサバディン)」
イワシじゃなくてサバだからオイル“サバ”ディン

最後は世のサバ缶好きたちから絶賛されているかねはちの「OIL SABADINES(オイルサバディン)」。スモークして旨みを凝縮した静岡・沼津産のサバを、オリーブオイルに漬けた一品です。食欲をそそる燻しの香りでサバの旨みが一層引き立ち、そのままでもめちゃくちゃお酒が進む!ご飯にのせたり、パスタやサンドイッチの具にしたりと食材としても万能です。

かねはちの「OIL SABADINES(オイルサバディン)」
食べやすいフレーク状

かねはちの「OIL SABADINES(オイルサバディン)」
パセリやセロリなどの香味野菜とよく合います

手軽にふるまえてアレンジしやすいサバ缶は、人が集まる年末年始の食卓にもピッタリ。水煮缶と併せてぜひストックしておいて!