キャラメルバウム タイチロウ モリナガ

イエロー×ブラウンの箱が目印、ロングセラーキャラメル「森永ミルクキャラメル」。これの味わいを再現したバウムクーヘンがあるのをご存知でしょうか?

その名も「キャラメルバウム」。森永製菓が運営するスイーツショップ「TAICHIRO MORINAGA(タイチロウ モリナガ)」で販売されています。店舗は現在東京駅グランスタ(JR改札内)、NEWoMan新宿(JR改札内)、神戸大丸の3か所。

タイチロウ モリナガは、森永製菓のスイーツブランド。店名は創始者・森永太一郎に由来します。1899年に日本で初めてキャラメルを製造販売したのがこの人だとか。

キャラメルバウムは、森永のキャラメルソースにたっぷりの卵を合わせて焼き上げたバウムクーヘン。独自製法で一層一層ふんわり厚く仕上げているそう。

キャラメルバウム タイチロウ モリナガ

サイズ展開はカット2個入り405円、ホール小1,296円、ホール大2,160円(税込)。今回はホール小を購入しました。なおホールの大小は直径ではなく高さが変化します。

一般的なものに比べ濃い色味のバウムクーヘン。袋から取り出すと、甘く芳醇なキャラメルの香りがあたりに漂います。キャラメル風味のお菓子はこの香りも魅力ですよね。

キャラメルバウム タイチロウ モリナガ

キャラメルバウム タイチロウ モリナガ

口にするとしっとりふわふわ。あたたかなキャラメルの甘さと豊かなたまごの味わいが広がります。口どけもめちゃくちゃ良い!

キャラメルバウム タイチロウ モリナガ

キャラメル味って甘さが強いものが多いイメージですが、こちらは甘さは通常のバウムクーヘン程度。重さはなくキャラメル香も上品なため、いくらでも食べられてしまいそう。

キャラメルバウム タイチロウ モリナガ

なので「キャラメル大好き!フレーバー選びでは絶対キャラメル!」という人よりも、「キャラメルの香ばしい風味は好きだけど、そのまま食べるには甘すぎる」という人におすすめかもしれません。

またお店にはキャラメルバウムのほかにも森永ミルクキャラメル味の「キャラメルラスク」「キャラメルクリスピー」などが並びます。世代を超えて愛されるアイテムのスピンオフスイーツは、帰省の手土産にしても盛り上がりそう。東京駅・新宿駅ならJR改札内で手に入るので、通り道の人はチェックしてみて下さいね!

キャラメルバウム タイチロウ モリナガ
個装で配りやすいラスクなども