富澤商店の「冷凍アップルパイ」

いつもよりゆっくりできる冬休み。オーブンで焼くだけで焼きたての味が楽しめる富澤商店の「冷凍アップルパイ」をおやつにいかがでしょうか?

富澤商店の「冷凍アップルパイ」
あとは焼くだけのアップルパイ

製菓材料を販売する富澤商店から、3個入り450円(税別)で販売されている冷凍パイ。すでにフィリングが包まれた状態で成形されているため、下準備はオーブンシートを敷いた天板の上で自然解凍するだけ(室温で40~50分)。一からリンゴを煮る必要もなく家事をしながらでも用意できます。

富澤商店の「冷凍アップルパイ」
このまま待つだけ

指で少し押せるくらいのやわらかさになったら、表面に卵黄を塗って180度のオーブンで20~25分焼成します。※解凍や焼成の時間は室温や生地の状態に合わせて調整してください

富澤商店の「冷凍アップルパイ」
つや出しの卵黄を塗って

富澤商店の「冷凍アップルパイ」
オーブンへ

香ばしい香りとともにむくむく膨らんだ仕上がりはちょっと不格好ではありますが、空気を抱き込んでサクサク崩れる繊細な食感が幸せ。程よい甘さのリンゴジャムにはリンゴの果肉も入っており、シナモンなどのスパイスが使われていないのでお子さんも食べやすいかと。

富澤商店の「冷凍アップルパイ」
膨らみすぎる場合は生地にフォークで穴をあけたり、金網をのせたりすると良いそうです

富澤商店の「冷凍アップルパイ」
ジャムは果肉入り。あっさりしていてペロッと食べられます

欲を言えばバターが使われていると嬉しかったのですが、その分くどさがなく軽くて食べやすい印象。冷めてもパイの食感が変わらないので手土産にも良いかと。お菓子作り初心者でもおいしく作れるシンプルなアップルパイ、冷凍庫にストックしておいてはいかが?