サンクトガーレン チョコビール2019

“バナナチョコ味”を含むチョコレート風味のビール4種が、サンクトガーレンから発売された。

実際のチョコレートは使わず、高温焙煎した麦芽でチョコの風味を再現したビール。香ばしさとほろ苦さが引き出されているそう。

ラインナップは次の4種。※価格は税別

サンクトガーレン チョコビール2019

インペリアルチョコレートスタウト
330ml 600円
2006年より毎年バレンタインシーズン限定で販売。泡はシェイクのように固く真っ黒で「まるで飲むビターチョコレートケーキ」と評されたほど。アルコール9%で2年間熟成が可能。

バナナチョコレートスタウト
330ml 500円
2019年限定のチョコビール。細かく切ったバナナを投入して醸造されている。屋台のチョコバナナではなく、高カカオのリッチなチョコレートで作った“ワンランク上のチョコバナナ”をイメージしたそう。

オレンジチョコレートスタウト
330ml 500円
オレンジピールにチョコレートをコーティングした“オランジェ”をイメージ。神奈川県産オレンジの実を皮ごと使って醸造され、ママレードのような苦みも楽しめるとのこと。

スイートバニラスタウト  バレンタインラベル
330ml 429円
エスプレッソのように濃厚な黒ビールに高級バニラの香りをプラス。飲み口は甘くまったり、後口はバニラチョコのようだとか。

すべて全国百貨店などでの取扱予定。また1月11日~20日に東京ドームで開催される「ふるさと祭り東京2019」の同社ブースでも販売中。