無印良品「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」
荷物が多い人にこそ使ってほしい

荷物が多くなりがちな学生さんから、社会人、ママまで必携!無印良品で今大人気のアイテム「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」、もう試しましたか?

無印良品「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」
今や品薄状態のリュック

以前男性向けのバッグを販売していたことがある筆者。自身も数えきれないほどのリュックを背負ってきましたが、ここまでの背負い心地はなかったかも…。今回はその魅力をご紹介します。

サイズは縦43×横32×マチ14cmの一般的なA4サイズ。デザインもフロントポケットのみの老若男女問わず使えるシンプルなもの。内側にはノートPCが収納できるポケットと、背中あたりの良いクッションパッドも搭載しています。

無印良品「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」
タウンユースには十分な容量25.7L(モデル身長170cm)

無印良品「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」
ノートPCやタブレット用のポケットも搭載

最大の特徴は外側を厚く設計したというショルダーパッド。触っただけではそれほど違いは分かりませんが、背負ったときにパッド全体が肩に当たっているのをはっきり感じます。これにより、荷物が重くなった際も荷重が分散されて食い込むようなつらさが軽減されるというわけ。

無印良品「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」
荷物が多くなると浮いてしまう外側のパッドに厚みを持たせています

また、背中とリュックの間に隙間ができず、動いた際にリュックがブレにくいのも負担を減らすポイント。登山用リュックならウエストベルトで固定するのが基本ですが、カジュアルリュックの場合はショルダーを長めにして腰のあたりで背負う人もよく見かけます。このリュックの効果を最大限享受したいなら、なるべく背中と一体化するよう左右の長さを調整しましょう。

無印良品「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」
左は無印、右は筆者の私物リュック。このあたりに隙間ができやすい

そして気になる背負い心地はというと…業務上PCやカメラを持ち歩く機会が多い筆者も、確かにいつもより軽くなった印象を受けました!荷物の少ない日はもう背負っていないと感じるくらい。背中全体で背負っているような感覚があり、肩の負荷が減るだけでこんなに違うものかと感心します。

このほかリュックで面倒な「小物を出すため一度前に回す」という動作も省けるよう、背中側にファスナーポケットを搭載。両サイドにはペットボトルが入るポケットもあり、頻繁に使うものが出しやすい配慮もされています。生地も厚手で撥水加工までされており、デイリーユースだけでなく防災リュックにも良さそう。

無印良品「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」
パスケースやカギが入る背中のファスナーポケット

無印良品「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」
両サイドにはオープンポケット

無印良品「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」
表面に撥水加工

今回最もお伝えしたいのが、これで2,900円(税込)というコストパフォーマンスの素晴らしさ。リュックを検討している方はぜひ候補に加えて!