ハーゲンダッツ チェリーカスタードパイ リッチミルク

冬ならではのぜいたく「暖かい部屋でアイス」。夏ほど溶けるのが早くないので、じっくり楽しめるのも嬉しいところです。

ぜいたくアイスの代表といえばハーゲンダッツ。最近はどんな味が出ているのかなとチェックしてみたところ、ふたつの気になるフレーバーを発見しました。

ハーゲンダッツ チェリーカスタードパイ リッチミルク

ひとつは「チェリーカスタードパイ」。カスタードアイスクリームにチェリーソースを合わせ、パイを混ぜ込んだ華やかさを予期させるフレーバーです。

ハーゲンダッツ チェリーカスタードパイ リッチミルク

もうひとつはこだわりのシンプルレシピで仕上げた「リッチミルク」。再販を望む声に応えて8年ぶりに復活したとか。

ハーゲンダッツ チェリーカスタードパイ リッチミルク

ふたつの異なる魅力を放つフレーバー、それぞれ実際に食べてみました!

チェリーカスタードパイ

あたたかなクリーム色にチェリーソースのリボンが舞い、見た目も華やかなチェリーカスタードパイ。名前から「アメリカン」な味を想像していましたが…いい意味で裏切られました!

ハーゲンダッツ チェリーカスタードパイ リッチミルク

ベースのカスタードアイスはコクがありながらも甘さ控えめでキレのよいおいしさ。これにチェリーソースの自然な甘酸っぱさが調和しています。チェリーって「嘘っぽい味が逆にチェリーらしい」みたいなとこあると思うんですが、これは果実の味がちゃんとする。

ハーゲンダッツ チェリーカスタードパイ リッチミルク

そしてほどよい量混ぜ込まれたパイのかけら。小さいながらパイ生地らしく“はらり”とほどける食感やリッチなバター感を楽しませてくれます。

ハーゲンダッツ チェリーカスタードパイ リッチミルク

高級パティスリーのショーケースにならぶ、見た目も美しいチェリーカスタードパイ。そんなイメージの上品なお味です。

リッチミルク

うってかわってのシンプルアイス。しかしミルクの濃厚な味わいは、高めに設定した想定ハードルのさらに上をいくものでした。牧場で食べるソフトクリームみたいな味がする。

ハーゲンダッツ チェリーカスタードパイ リッチミルク

濃厚だけど乳くささはなく、すっきりとした後味。まるで目の前に牧場の緑と青空がひらけたようなすがすがしさです。

ハーゲンダッツ チェリーカスタードパイ リッチミルク

シンプルゆえ、口どけの良さや冷たさに感覚が集中できるのも良いところ。久しく忘れていたアイスの醍醐味を正面からつきつけられた感じです。

ハーゲンダッツ チェリーカスタードパイ リッチミルク

いうなればチェリーカスタードパイは都会的・リッチミルクは田舎的な良さが詰め込まれたフレーバー。いずれも期間限定なので、気になる人は早めにどうぞ!