サバの水煮缶で炊き込みご飯
簡単なのに主役級

今年もまだまだ続きそうなサバ缶ブーム。サバ缶大好きな筆者が簡単にできるおすすめレシピをご紹介します。

ご飯と炊飯器のポテンシャルで、何を入れてもだいたいおいしくなる炊き込みご飯は献立の強い味方。今回はサバ缶を汁ごと入れて“うまみ”をしっかり吸わせた炊き込みご飯のレシピです。

【材料(2合分)】

サバの水煮缶で炊き込みご飯

・米 2合
・サバ水煮缶 1缶
・まいたけ、しめじなどお好みのキノコ 1パック(70g程度)
・油揚げ 1枚
・しょうが 1かけ(みじん切り)

・酒、醤油、みりん各大さじ1
・万能ねぎ(仕上げ用、お好みで)

【作り方
1.米はといでザルにあげ、炊飯器に移す

サバの水煮缶で炊き込みご飯

2.サバ缶の汁、調味料を加え、水を2合の目盛りまで注いで軽く混ぜる

サバの水煮缶で炊き込みご飯

サバの水煮缶で炊き込みご飯

3.残りの具材をのせて炊き込みモードまたは通常の炊飯モードで炊く(早炊きはおすすめしません)

サバの水煮缶で炊き込みご飯

4.炊き上がったら全体を混ぜ、お好みでねぎを散らしていただく

サバの水煮缶で炊き込みご飯

サバの水煮缶で炊き込みご飯

酒と生姜でサバ独特の臭みを抑え、上品な味わいでもりもり食べられる炊き込みご飯。サバの食べ応えもあるので、小鉢と具だくさんの味噌汁を添えた一汁一菜献立でも満足感があります。

サバの水煮缶で炊き込みご飯
お米ひと粒ひと粒にサバのうまみがしみてる

もしご飯が固くなってしまう場合は最初に水を2合分入れても。また味付けが物足りなければ味噌や醤油などの味付きのサバ缶を使うのもアリです。炊飯器へ気軽にポン、と入れてみてくださいね♪