花粉バリアスティック

スギ・ヒノキ花粉が猛威を振るう春先。ドラッグストアにはさまざまな花粉症予防アイテムが並んでいます。

今回気になったのは“マスクに塗る”タイプの「花粉バリアスティック」。2018年12月に発売された新商品です。いち花粉症患者として藁にも縋る思いで試してみました。

花粉バリアスティック

花粉バリアスティック

見た目はまんまリップスティック。薬剤を1~2mm繰り出し、マスク外側の鼻付近に4~5cm程度軽くひと塗りして使います。薬剤は無色でマスクの見た目に変化はなし。

花粉バリアスティック

花粉バリアスティック
マスク外側の鼻付近に、

花粉バリアスティック
ひと塗り

薬剤には北海道のトドマツから抽出された香り成分を配合。このトドマツ成分がスギ花粉をコーティングし、アレル物質の動きを低減する研究結果が報告されているそうです。

花粉バリアスティック
パッケージより

マスク越しにすっきりさわやかな香りを感じる程度で、刺激などはなし。肝心の効果ですが、マスクをした上でしか使用できないため正直劇的には感じにくいかも。ただ爽快な香りで不使用時よりも鼻が通る感じはします。

約4時間おきに塗り直しが必要。1日4回塗った場合約45日使えます。外出前に塗りなおす、という運用方法がよさそう。

花粉バリアスティック

購入価格は1,000円弱。ありとあらゆる手段で花粉症の症状を少しでも緩和したい人は試してみてもいいと思います。