キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)

外出時はリュックの前ポケットに本を入れて持ち歩いている筆者。ポケットの中身はほかにもいろいろあるため、出し入れするたびに本が曲がったり、汚れたりしています。紙がぴんとしていて気持ち良かった新品の本も、あっという間にぼろぼろの状態に...。

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
リュックにそのまま突っ込んでいると、すぐ傷んじゃうんですよね

「こんなことを続けていては本がかわいそう」と一念発起してチェックしたのが、Amazonで取り扱われているブックカバーのラインナップ。カスタマーレビューがたくさんついていた「キュービックス ブックカバー ラウンドジップ (文庫サイズ)」という商品が目を引き、買ってみました。

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
カスタマーレビューが多かったので買ってみました

3辺にジッパーがついているブックカバー。文庫本を中にセットしてからぐるっと閉めれば、折れ曲がりや汚れからしっかり守ってくれます。素材はナイロン・ポリエステルなどで、少しの汚れなら濡れぶきんなどでさっとふき取ることが可能。内側にはリボン素材のブックマークもついています。

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
3辺にジッパーがついています

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
ジッパーをぐるっと開けるとこんな感じ

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
右側のポケットに表表紙を差し込み、

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
反対側に裏表紙を差し込んだら、

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
パタッと閉じて、

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
ジッパーを閉じればOK

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
リュックに突っ込んでも本がちゃんと守られています

カバーのサイズは約1cm×12.5cm×18.5cmで、約600ページの厚みの文庫本まで対応。試しに約600ページの「魔の山」(トーマス・マン)を入れてみたところ、ジッパーに負担を感じることなくスムーズに閉められました。ついでに新書も入れてみようとしましたが、文庫本用だけにこちらはNG。ただし筆者がもっている「Kindle Paperwhite」はジャストサイズで収まりました。本来の用途ではありませんが、薄手の電子機器や小物のケースとして使うこともできます。

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
約600ページある「魔の山」

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
内側にセットして、

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
左右を閉じれば、

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
ちゃんとチャックができました

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)
新書には応用できませんでしたが、

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ (文庫サイズ)
Kindle Paperwhiteには、

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ (文庫サイズ)
ジャストサイズでした

「キュービックス ブックカバー ラウンドジップ(文庫サイズ)」のAmazonでの販売価格は532円。サイズはほかに「A5判」、「四六判」、「新書判」がありました。カラーはネイビーやブラック、カーキなどから選ぶことが可能です。

なお文庫本をすっぽり覆えるだけの大きさがある分、本の幅からはみ出したカバーが手の中でだぶつきます。カバンに入れての持ち運びやすさを重視するか。読んでいるときの使用感を重視するか。ご自身の好みに合わせて選んでみてください。

キュービックス ブックカバー ラウンドジップ (文庫サイズ)
カバーが余り気味なのを気にする人はいそうです