レモンの皮が大活躍!電子レンジの掃除方法
果汁を絞った後のレモンを使った掃除法をご紹介。電子レンジの庫内についた汚れをすっきり落とすことができます。
原材料 レモン(絞ったあとのもの)
ツール ペーパータオル、雑巾
作業時間 30分
1. 果汁を絞った後のレモンを耐熱容器に入れ、ひたひたになるくらいの水を加えます。
2. 電子レンジ(500~600W)で5分ほど温めます。
3. 加熱が終わったら扉を開けずに、10~15分待ちます。
4. 庫内の汚れを水滴とともに拭きとります。
5. 水拭きをして仕上げ、扉をしばらく開けたままにして庫内を乾かします。

捨てないで!レモンの皮は電子レンジ掃除におすすめ--油汚れが簡単すっきり

果汁を絞ったあとのレモン。まだよい香りを保っていて、そのまま捨てるのはなんとなくもったいないものです。

捨てないで!レモンの皮は電子レンジ掃除におすすめ--油汚れが簡単すっきり
絞った後のレモン、なんだかもったいない

そこでおすすめなのが、電子レンジの掃除に活用すること。レモンの皮に含まれる「リモネン」や果汁に含まれる「クエン酸」が、電子レンジの汚れ対策にぴったりなんです。その方法をご紹介します。

1.果汁を絞った後のレモンを耐熱容器に入れ、ひたひたになるくらいの水を加えます。

ステップ1、果汁を絞った後のレモンを耐熱容器に入れ、ひたひたになるくらいの水を加えます。
水と一緒に容器に入れます

2.電子レンジ(500~600W)で5分ほど温めます。

ステップ2、電子レンジ(500~600W)で5分ほど温めます。
電子レンジで温めます

3.加熱が終わったら、扉を開けずにそのまま10~15分ほど待ちます。汚れを蒸気でふやかすためです。

ステップ3、加熱後は扉を開けずに、10~15分待ちます。
扉を開けないでそのままスタンバイ

4.厚手のキッチンペーパーなどで、庫内の汚れを水滴とともに拭きとります。レモンの皮と一緒に温めた水をつけて拭くのも効果的です。

ステップ4、庫内の汚れを水滴とともに拭きとります。
水滴とともに汚れの拭きとりを開始

捨てないで!レモンの皮は電子レンジ掃除におすすめ--油汚れが簡単すっきり
こんなに汚れが落ちました

果汁をたっぷり取れる♪レモンの簡単な絞り方--電子レンジ×フォークが決め手
レモンの皮とともに温めた水をつけながら拭くのも効果的

5.汚れが一通り落ちたら水拭きしてお掃除完了。電子レンジの扉はしばらく開けておき、庫内を乾かします。

ステップ5、水拭きをして仕上げ、扉をしばらく開けたままにして庫内を乾かします
水拭きをして仕上げて、

捨てないで!レモンの皮は電子レンジ掃除におすすめ--油汚れが簡単すっきり
扉をしばらく開けたまま庫内を乾かします

筆者宅の電子レンジはかなり汚れが溜まっている状態でしたが、レモンで掃除したあとはすっきりクリアな印象に。オーブン機能を使用した際に焦げついた汚れは落ちませんでしたが、お金をかけずしてここまできれいになるならと満足しました。果汁を絞ったあとのレモンがあるとき、食べる前に古くなってしまったレモンがあるときなどに試してみてください。なおレモンは酸性であるため、塩素系の洗剤と混ざってしまったら危険。天然の素材ではありますがその点はご注意ください。