シャキシャキ感キープ!もやしの簡単保存法
もやしの簡単な保存方法をご紹介。水につけて冷蔵庫に入れるだけでシャキシャキ感をキープ。約1週間持ちます。
原材料
ツール 保存容器
作業時間 10分
1. もやしを袋から出して水洗いし、水気を切ります。
2. タッパーなどの容器に移し、ひたひたになるまで水を入れます。
3. フタをして冷蔵庫に入れます。
4. 1日に1回、容器の水を新しくします。

水につけるだけ、約1週間長持ちするもやしの簡単保存法

一袋数十円という安さゆえ、見かけるとつい買いたくなる“もやし”。一方で傷みやすい野菜でもあり、2~3日放置していたらあっという間に色が悪くなってしまいます。これではせっかくのシャキシャキ感も台無しに...。

そんなもやしを長持ちさせる方法をご紹介。買ったら水につけておくだけ。自分の都合に合わせて調理しやすくなります

もやしの簡単保存法

必要なもの

・大きめの保存容器

手順

1.もやしを袋から出して水洗いし、水気を切ります。

ステップ1水につけるだけ、約1週間長持ちするもやしの簡単保存法

2.大きめのタッパーなどの容器に移し、ひたひたになるまで水を入れます。

ステップ2水につけるだけ、約1週間長持ちするもやしの簡単保存法

3.フタをしてから冷蔵庫に入れて、保存開始です。

ステップ3水につけるだけ、約1週間長持ちするもやしの簡単保存法

4.1日に1回、容器に入った水を新しくします。

ステップ4水につけるだけ、約1週間長持ちするもやしの簡単保存法

水につけておくことで、もやしがシャキシャキのまま長持ちしやすくなります。保存できる期間の目安は約1週間。ただし水溶性の栄養素が流れてしまいやすいので、できるだけ早く食べきることが理想です。

買ってきた後のひと手間で、フレッシュ感を長めにキープできるもやし。すぐに調理しないときに試してみてください。