ウィズ原宿「ユニクロ 原宿店」

「ユニクロ 原宿店」が6月5日、JR原宿駅前の複合施設「WITH HARAJUKU」の1階と地下1階にオープン。ユニクロのリアルとバーチャルを融合させた最新型店舗として展開されます。

ユニクロ 原宿店の1階には、「UT POP OUT」と名づけたユニクロのTシャツ「UT」専用の売場が登場。さまざまなアーティストやブランドとコラボレーションしたTシャツが多数販売されます。そのほかにも、クリエイティブディレクターYOON氏による東京発のブランド「AMBUSH」とコラボレーションしたミニーマウスのバッグや、UTとして初めてとなる豆皿やノートなどの雑貨が、原宿店先行販売商品として展開されます。

ウィズ原宿「ユニクロ 原宿店」
豆皿

ウィズ原宿にユニクロ 原宿店
ノート

地下1階には、着こなし発見アプリ「StyleHint」と連動した世界初の売場「StyleHint原宿」が登場。240台のディスプレイが設置され、ユーザーから投稿された最新の着こなしを検索・閲覧し、購入したい商品を簡単に探すことができます。気になる商品がユニクロ 原宿店のどこで販売されているか、ディスプレイ上で知らせるサービスも新たに開始。I&CO創業パートナーのレイ・イナモト氏がクリエイティブディレクターとして参画しています。

ウィズ原宿にユニクロ 原宿店

そのほかに、Spotify上で聞けるユニクロオリジナルプレイリストの配信や、新鮮な生花の販売を予定。世界に1枚だけのオリジナルTシャツやトートバッグが簡単に作成できるサービス「UTme!」も展開されます。

(C)The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc.
(C)Keith Haring Foundation. Licensed by Artestar, New York.