Hello は睡眠センサー「Sense」を開発した。現在、市販に向けて kickstarter で出資者を募集中。記事執筆時点で目標金額(10万ドル)を大幅に上回る178万9,825ドルの資金調達に成功し、2014年末の出荷開始を決定している。

睡眠センサー「Sense」
睡眠センサー「Sense」

「Sense」は睡眠の質改善を手助けするシステム。球形をした本体の他、枕に取り付ける小さな「Sleep Pill」とスマートフォンアプリで構成されている。

「Sense」は、本体、Sleep Pill、そしてスマートフォンアプリで構成される
「Sense」は、本体、Sleep Pill、そしてスマートフォンアプリで構成される

「Sense」本体は、部屋の明るさや気温と湿度、それに騒音レベルなどを感知するセンサーを持っており、これらによりベッドルームの環境を常に記録している。

「Sense」本体  部屋の環境をモニタリングする様々なセンサーが搭載されている
「Sense」本体
部屋の環境をモニタリングする様々なセンサーが搭載されている

枕に取り付ける「Sleep Pill」は、利用者の情報を収集する役目を担う。利用者が眠りに落ちた時刻、レム睡眠/ノンレム睡眠に入った時刻、うなされていた時間帯、そして起床した時刻などをモニタリングし、本体である「Sense」に送信する。

枕に取り付ける「Sleep Pill」は、利用者の情報を収集する
枕に取り付ける「Sleep Pill」は、利用者の情報を収集する

スマートフォンアプリは、これらの情報を元に利用者の毎晩の睡眠の質をチェックして、数値化する。利用者は日々記録されるスコアを見ることで自分の睡眠環境を認識し、それをどう変えれば睡眠の質を向上できるか理解できるという仕組みだ。

スマートフォンアプリは、睡眠の質をスコア化して表示する
スマートフォンアプリは、睡眠の質をスコア化して表示する

スマートフォンアプリではまた、利用者の毎晩の「睡眠サイクル」を表示できる。この睡眠サイクルを確認することで、利用者は自分が何時頃深い眠り(ノンレム睡眠)に入り、その後何時間くらいで浅い眠り(レム睡眠)に移行するかを把握可能だ。これにより、何時に目覚ましをセットすれば快適に目覚められるかが判断できるようになる。アプリにはアラームクロック機能も搭載されているので、最も快適に目覚められる時刻にアラームをセット可能だ。

快適に目覚められる時刻にアラームをセットできる
快適に目覚められる時刻にアラームをセットできる

市販開始された場合、価格は129ドルになる予定。日本への送料が別途15ドル必要となる予定だ。