就職活動の最初の関門、履歴書。筆者は、鉛筆で下書きをし、それをペンでなぞった後、下書きを消しゴムで消していました。でもこれペンの文字がにじむんですよね。なぞる、消す、にじむ、書き直すという工程を繰り返した結果、腱鞘炎になりかけたほど。腕のダメージに加えて、精神的にも追い込まれた筆者は、何度消しゴムを呪ったかわかりません。

転がすだけで消せるなんて本当ですか?
転がすだけで消せるなんて本当ですか?

最近100均に行くとよく見かけるのが「コロけし」。こすらないので紙が傷まず、消しカスもでないと謳われています。転がすだけで、消しカスもださずに文字を消せるなんて本当でしょうか…?「コロけし」は本当に転がすだけで、書いた文字が消せるのかを検証してみました。

■コロけしってこんなルックス
「コロけし」は普通の消しゴムとほぼ同じサイズでコロッとした見た目。ぷにぷにしたジェルでできたローラー状の接紙部分で文字を消していきます。接紙部分を取ると中は空洞になっているようです。

消しゴムサイズで可愛いフォルム
消しゴムサイズで可愛いフォルム

■消しゴムとの違いは?
まずはお馴染みの消しゴムを使って文字を消しました。消すには少し力を入れる必要がありますが、5回ほどこするときれいに文字が消えました。

ゴシ、ゴシ、ゴシ
ゴシ、ゴシ、ゴシ

ただ、消しカスが残ってしまうのが少し面倒。次に机を使うの人のためにも、消しカスはきちんとゴミ箱へ捨てましょう。

消しカスはゴミ箱へ
消しカスはゴミ箱へ

■コロけしのポテンシャルを見せてもらおう
いよいよコロけしを使って文字を消してみます。戦いの相手は0.5mmのシャープペンシルに入ったHBの芯。これを使って書かれた文字の上をコロけしで転がします。

戦いの時が来た
戦いの時が来た

2,3回コロけしを転がすと、少しずつ文字が薄くなっていきます。そのまま10回ほど転がしていると、少し筆跡は残るものの、きれいに消すことができました。コロコロ転がしているだけで、文字が消えていく不思議な爽快感を味わえます。

転がすだけでどんどん文字が薄くなっていく…!
転がすだけでどんどん文字が薄くなっていく…!

消す際に全く力を入れていないので、紙はきれいなままです。もちろん消しカスもでていません。

コロけしの勝利です
コロけしの勝利です

■筆者の腕と心は癒せるのか
せっかくなので、腱鞘炎の元凶となった、シャープペンシルで書いた下書きをペンでなぞり、下書きを消す作業をコロけしで試してみます。

就活の記憶が甦って手が震えます
就活の記憶が甦って手が震えます

力を入れずに転がしているだけなので、ペンで書いた文字がにじみません。ペン字からはみ出てしまった下書きはきれいに消えてくれました。こんなに簡単に下書きを消せるなんて、もっと早く出会えていればと思いました。

もっと早く出会いたかった…
もっと早く出会いたかった…

ただし消しゴムと違って、コロけしの接紙部分は汚れたら接着テープの上で転がしたり、洗剤をたらしたティッシュペーパーでふき取ったりするひと手間が必要です。新品のうちは粘着性がありますが、使い続けていくうちに弱まっていくので、消しゴムとどちらが長く使えるかはお手入れの良さによるかも。

面倒でもちまちまお手入れしましょう
面倒でもちまちまお手入れしましょう

紙を傷めたり、文字をにじませたりといったストレスから解放してくれるコロけし。消しカスがでないので、机の下にばらまいて周りの人に冷たい目で見られる心配もありません。転がすだけで文字が消える「コロけし」が、腕に湿布を貼って履歴書を書いた忌まわしい日々の記憶も消してくれそうです。

「コロけし」は全国のダイソーで販売されていたり、いなかったり…。でも価格はもちろん108円です。